Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁のヨナ 幸せの、夢の欠片

暁のヨナ 目次へ  二次創作Index

「捨てられない心」のすぐ後の話。ハク視点です。



 足の力を失ったヨナを両腕で抱き上げて、先程ヨナが的にしていた木の根元に座り込む。寒くないようにと自分の上着を脱ぎ、ヨナの体を包んで、小さな体を自身にもたれさせる。そしてやっと、ハクは小さなため息をついた。

「捨てられるなら、苦労しねぇっての……」

 ハクの、ヨナへの想いは、日に日に強くなっていく。彼女がハクを大切だと、守りたいと口にする度に欲が出て、何度この姫を抱きしめてしまっただろう。しかも嫌がりもせずに大人しく腕の中にいるから、ハクは理性を保つのに精一杯だ。
 今のヨナは、矛盾している。スウォンを好きだけれど、彼は父を殺した。大好きな父と、大好きな従兄を天秤にかけて、ゆらゆら揺れているのが解る。
 頭では解っているのだ、スウォンを許せない自分がいることを。しかし、心がそれを許そうとする。「好き」というその感情だけで。
 腕の中で深い呼吸を繰り返す、守るべき姫の頬に、そっと触れる。

「……今は、それでいい」

 彼を好きでいても構わない。無理矢理に想いを捨てて、ヨナ自身が空っぽになってしまうよりはいい。
 スウォンを忘れさせることは、ハクには出来ない。ハクがヨナの傍にいる限り、彼女はスウォンを思い出す。三人で過ごした、あの他愛ない日々を思い出す。
 ……すべてが終わって、ヨナが平穏を手に入れたら、おそらくこの姫から離れなければならないだろう。例えその時に、スウォンが生きていても、生きていないとしても。
 ハクがいれば、ヨナを過去に縛り付けてしまうであろうから。

「その時までは、……傍に」

 ヨナを抱える腕に力を込めて、赤い髪にそっと唇を落とすと、ハクも眠ろうと瞳を閉じた。




「ハク……?」

 小さな呟きが耳に届いて、目が覚めた。目を開けた途端、ヨナの顔が思いがけず近いところにあって、さりげなくヨナを抱えていた腕の力を抜いた。

「おはようございます、姫様」
「お、おはよう……?」

 今のこの状況が理解出来ていないらしいヨナに、ハクは意地悪く笑った。

「夢が怖いと泣いたのは誰ですか?」
「なっ? 泣いてないわよ!」
「……怖い夢、見なかったみたいですね」

 ヨナの小さな呟きで起きたように、ハクならどんな些細な動きであろうとも起きてしまう。そのハクが起きなかったのだから、怖い夢は見なかったのだろうと結論づける。

「ハクが、……傍にいてくれたから」
「え……」
「夢はね、見たの。だけど、いつもの夢じゃなくて……風牙の都の夢だった」

 風の部族が住むあの土地で、ヨナはハクの隣で一緒に笑っていたという。

「ムンドクがお酒を飲んでたわ。ヘンデはテウの槍の練習に付き合わされていて、テヨンがそれを見て目を輝かせてた。その内ハクが我慢しきれなくなって、テウと試合をして……私は、テヨンと一緒にお茶を飲んでて───」

 幸せな夢だった、とヨナが笑う。しかしハクは、笑えない。

(無意識だから困るんだよな、この姫さんは)

 そんな風に言われてしまっては、また強くなる想いに蓋をするのが難しくなる。

(……まぁ、いいか)

 今、ヨナが笑えるなら。辛い夢を、見ずに済んだなら、それで……。

「いつか……」
「ん?」
「いつか来るかな? ……そんな日が」
「来ますよ。……きっと」

 幸せの、夢の欠片を糧にして、前へ進もう。立ち止まっても、迷っても、……逃げたとしても。ヨナ自身の幸せを見つけるまで、ハクは、傍にいる。


「捨てられない心」← 暁のヨナ 目次へ →「風牙の都にて」 (4/18 0時公開予定)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。