Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS 「夕焼け、のち、雨」

SS集 目次へ 一次創作Indexへ TOP

Twitterでの企画に参加しました!
#深夜の真剣文字書き60分一本勝負 7/23開催分より
お題 「一粒の水/嘘つきの空」をお借りしました。

現代もの・1700字程度です。


 ぽつり。頬を濡らした一粒の水。
 ……それは、嘘つきな空が流した、涙。

「あ、見て。すごく綺麗だよ、夕焼け」
 高台にある大学の、サークルの部室として使っている窓から眺めた空は燃えるように真っ赤だった。白い雲までがほんのり茜色に染まって、何だか可愛い色合いになっている。
「明日も晴れるな」
 水不足解消には、雨降ってくれた方がいいんだけど、と、彼が珍しい言葉を口にしたのは、先程まで見ていたニュースの影響だろうか。
「雨降ると、じめじめするからイヤ」
「髪がまとまらないからイヤなだけだろ?」
 恭弘に見透かされて、穂香はくすりと笑いながら、窓枠に肘をつく。
「そうとも言う」
「わがまま女」
「そんな女を彼女にしてるのは誰ですかー」
「俺?」
「何で疑問系!?」
「いや、選択間違えたかなーと」
「ちょっとそれ聞き捨てならないんだけど!?」
「ははっ、ごめん、嘘だって!」
 そんな、たわいない話をして。じゃれあっていたのは昨日の事なのに。
「……あんた、誰?」
 そんな言葉が、彼の口から零れるなんて、思わなかった。
 記憶を無くした彼に、恋人だなんて言えずに。ただ、同じサークルの友人だと言うに止めて。
 溢れそうになる涙を堪えて、どうにか笑顔を作り、病室を後にしてきたのは数分前の事。
 医者は、一時的なものかもしれないと言った。事故のショックで、一時的に忘れてしまっているのかもしれないと。
 けれど、……記憶が戻らない可能性もある、と。むしろ、このままである確率の方が高い、と。
「……き……っ!」
 病院の庭、春になったら綺麗な淡い色の花を咲かせる木の下に据えられたベンチで一人、穂香はスカートの裾をぎゅっと握りしめ、押し出すように呟いた。
「うそ、つき……っ」
 夕焼けだから、晴れるって言ったじゃない。晴れたら一緒に出掛けようって言ったじゃない。
 なのに、今、頭上に広がる空は、どんよりと曇っていて。今にも雨が降りそうな匂いが含まれていて。
 恭弘は、穂香の存在を忘れて、白い病室の中にいる。
 ぽつり、頬を濡らすは一粒の水。
 それは、嘘つきな空から零れ落ちた、贖罪の涙。
「どうして、晴れてくれなかったの……!」
 昨日、あのまま晴れてくれていたなら。どしゃぶりの雨になど、ならなければ。
 視界を奪われた運転手が、恭弘めがけて突っ込んでくることもなかっただろうに。
 ぽつり、ぽつり。空が、泣く。
 傘などない。それでもいい。濡れてしまっても――――どうしても。
 ここから離れる気には、なれない。
「……!? あのバカ、何やってるのよ……!」
 友人だと言う青年の恋人が、窓の外を見て叫んだことに驚いた恭弘は、見ていたスマホの画面から目を話した。
「どうした、霧華?」
 青年の問いかけに、霧華と呼ばれた彼女は、苦い顔をして慌ただしく薄手のカーディガンを羽織り始めた。
「外、雨降ってきてる」
「雨……?」
 確かに、窓にほんの少しだけ、雨の滴が筋を作っている。
「なのに穂香のバカ、動かないのよ……!」
 傘買うか、この部屋に連れてくる! と、それだけ告げて、病室を後にして行く彼女の背中を見送って、恭弘はスマホを見せてくれていた友人・章人に訊ねた。
「ほのか、って、さっき、用事があるって帰った子……?」
「……ああ」
「その子と俺、……仲良かったの?」
 章人に見せてもらっていた、スマホの中の写真。集合写真が多かったけれど、恭弘の隣で笑っているのは、先程少しだけ顔を見せていた女の子。
 恭弘の問いに、章人は苦笑して。スマホの画面に写る、穂香を指先で叩いた。
「こいつは、さ」
 章人は、恭弘の瞳に語りかけるように、ゆっくりと。
「……誰を忘れても、お前が忘れちゃいけなかったヤツだよ」
「忘れちゃ、いけないヤツ……? じゃあ、俺……きっと、傷つけた」
「ヤス?」
「誰、って。言っちゃったからさ……」
 そんな相手に。隣で笑っていてくれたであろう彼女に、これ以上ない言葉で、傷つけた。
「……それは、仕方ない、な」
「うん……でも」
 出来れば、謝りたい。不意に、用事があると病室を出ていった穂香の、どこかぎこちない笑顔が脳裏を掠め。
「あれ……」
 何でだろ。
 首を傾げた恭弘の瞳から零れ落ちたのは、一粒の、水。

SS集 目次へ 一次創作Index
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。