Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/28 エビネ 「にぎやかな人柄」

拍手SS Index
月別一覧(3月)へ 作品別一覧(3月)

拍手SSの再掲です。

3/28 エビネ 「にぎやかな人柄」
暁のヨナ ヨナ一行

「賑やかっつったらタレ目だろ」
「うむ、ジェハ以外にないな」
「……何で僕限定なのかな?」
「自覚なかったの?」

 リリと別れる間際、彼女はとても楽しそうに、「あんた達、賑やかで楽しかったわ」と告げて去って行った。賑やか? と首を傾げたヨナに、真っ先に答えを返したのがハクだったのだ。次いでキジャ。ジェハ自身が反論したが、ユンにとどめの一言を言われて黙り込んでしまった。

「そうね。賑やかって言ったらジェハかも知れないわね」
「ヨナちゃんまで」
「ふふっ」

 悪戯が成功した子供のように笑うヨナは、けれど、と心の中で思う。
 本当は皆、色んな想いがあると思う。スウォンを前にしたヨナとハクの姿を見て、何も思わぬはずがないのだから。
 それでも、ジェハやゼノの明るさに、シンアの穏やかな静けさに、ユンやキジャの何知らぬふりをしてくれる優しさに、ヨナは少なからず救われている。……それはきっと、ハクも。

「まったく君達は。一体僕を何だと思ってるんだい」

 はああ、と深い溜息をつくジェハに、更に追い打ちをかける言葉が続けられる。

「変態タレ目」

 瞳が楽しそうに笑っているハク。

「女好き」

 若干呆れた声音で告げるユン。

「運び屋?」

 首を傾げながらもしっかり参加したキジャ。

「そっか、緑龍は良く背中に誰か乗っけてるし」

 ゼノが、ふはっ、と楽しそうに笑い出す。

「緑龍、たくさん名前がある」
「そこは喜ぶところじゃないと思うんだけど」
「……いじめっこ」

 ぼそり、と呟かれたシンアの言葉に、一瞬の静寂が訪れた後。

「あははははっ」

 とユンの大笑いが空に響き、ハクは背を向けて肩を奮わせている。

「ちょ、シンア君!? いじめっ子って何だいっ!?」
「……面、返してくれない……」

 なるほど、と納得したヨナも、思わずくすくすと笑ってしまう。ジェハがシンアの瞳を見たいが為に、面を奪い取ろうとしたり、奪った面をなかなか返さなかったりしているから出た言葉だろう。

「ふははっ、緑龍いじめっこ」

 誰もが本気でそう思っているわけではないことぐらい、最年長のジェハにはきっとお見通しだろう。ただ、不意に影を落とす沈黙よりは笑顔の方が良い。
 例えそれが、ほんの一瞬のことでしかないとしても。

「いいじゃない。ジェハの賑やかさ、私は好きよ?」

 ヨナのその言葉に、何故かハクが苦虫を噛み潰したような顔をして。

「さすがヨナちゃん、解ってるなぁ」

 手を取ろうとしたジェハの頭を、大刀で小突くのはすぐ後のこと。

暁のヨナ 目次

拍手SS Index
月別一覧(3月)へ 作品別一覧(3月)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。