Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS 「別れは始まりの合図」

SS集 目次へ 一次創作Indexへ TOP

Twitterでの企画に参加してみました!
#創作版深夜の真剣文字書き60分一本勝負
お題 「和」です。

和、で悩みましたが和風ファンタジーと言う事で1つ……。
突っ込みはなしでお願いします。1500字程度。


「姫様、……本当に宜しいのですか」
「いいも何も、全て決まっていることでしょう?」
 入内は明日に迫っている。大臣家の姫として生まれた以上、いずれこの時が来ることは解っていた。
 父や親族は、未だ宴の真っ最中。けれど主役である椿は早々に下がり、衣を変えていた。
「……この衣装も、今日が最後ね」
 動きやすい、水干姿。長い髪をまとめあげ、着ている衣を一撫でする。
 そう、神の使いとして動くのも、今日が最後。
「行ってくるわね」
「はい。お気をつけて、姫様」
 そして椿は、軽々と高い塀を飛び越えていった。ただ、とん、と地面を蹴る、それだけの動作で。

「椿、捕らえろ!」
貴康たかやす、後ろ!」
 手にした札を、鋭く投げつける青年と、両手を合わせて、向かってきた妖を捕らえる結界を張っている少女。
 彼らは、この地域を守護する神に選ばれし者達。幼い頃に神隠しに遭い、再び現世へ戻った時、彼らは陰陽師とはまた違う、神の力を借りて、この地に侵入する妖を退治る事が役目と定められていた。もう、4年も前から。
 けれどもう、この役目も、今日で終わる。
「椿様、貴康様!」
 次の瞬間、妖を捕らえていた椿の結界が縮小し、もう一匹の妖は貴康と違う力を前に、神の力によって消滅した。
 妖の気配が全て消え去り、ほぅ、と息をつく。
「ありがとう、桜」
「助かった、惟順これより
 元服と裳着を行ったばかりの少年少女は、誇らしげに笑った。この子達も、つい一月ほど前、神隠しから戻ったばかり。――――椿と貴康の、後継者だ。
 長い月日の中で、椿と貴康に宿った神の力は、現世で生きる力に飲まれ、ゆっくりと確実に削られていった。そして、新たに役目を負った者が現れる――――それが桜と惟順。
「じゃあ、後は頼んだぞ」
「お願いね」
 最後は潔く、と、貴康と決めていた。この役目に未練を残すことなく、去ろうと。だから、くるりと踵を返した背中に、声をかけられて。椿も、貴康も、思わず足を止め、振り返ってしまった。
 そこには、地面に片膝をつき、頭を垂れた、桜と惟順の姿。
「まだまだ未熟な我らですが、どうかこの先は、お任せください」
「長きに渡るお勤め、……お疲れさまでした」
「ああ。……頼む」
「ありがとう。二人とも」
 そうして椿と貴康は、今度こそ振り返らずに、歩き始めた。
「……終わったな」
「そうね」
「――――椿」
「もう、会う事も、きっとないわね」
 心に宿る淋しさを必死に隠して、椿はきっぱりと告げた。互いに素性は明かさなかった。だから、彼は椿が大臣家の娘だということを知らない。明日、今東宮に入内する身だということも、知らない。
「椿!」
 ぐっ、と腕を掴まれて、強引に歩みを止めさせられた。
「椿、俺は。お前が、望むなら――――」
「望まないわ、何も。……望めないわ」
 解ってる。彼の想いも、自分の想いも。伊達にこの4年、夜な夜な一緒に妖退治をしていたわけではない。
 その力強い腕に庇われたこともあった。抱き締められたことも。……人工呼吸として、口付けられたことも、あった。
 だけど、彼と生きる事は出来ない。誰よりも椿自身が、それを知っている。だから、椿は笑った。月明かりの中で、ゆっくりと、儚げに。
「……楽しかったわ。この4年間」
「椿……」
「ありがとう。貴康」
「……ああ、俺も」
 楽しかった、と囁きが聞こえた時には、椿の体はもう貴康の腕の中だった。
 強く、強く、……別れを告げることを躊躇うほどに、強く。
 抱き竦められた腕の中、椿はそっと、一筋の涙を流した。

 そして、翌日――――。
「つ、ば……き?」
「貴康……? え……」
 新たに東宮宣下を受けた青年と、その青年の妃となった少女は、しばらく互いに目を瞠り。
 先に動いた青年が、少女を思いきり抱き締めて、周りを驚かせたという。

SS集 目次へ 一次創作Indexへ TOP
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。