Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

3/18 雪ヤナギ 「気まま」

拍手SS Index
月別一覧(3月)へ 作品別一覧(3月)

拍手SSの再掲です。

3/18 雪ヤナギ 気まま
海の底 圭介+翔


 あの頃の自分は、今思い出すとかなり生意気だったと思う。自分の思うがままに振る舞って、傷付けた人間はきっとたくさんいた。望のことも、翔のことも。
 望には謝ることが出来た。翔には、謝れてはいないけれど、実家に帰った時に顔を合わせれば普通に話すようになっている。
 そんなある日、翔から二人が結婚することを聞いた。

「結婚かー。すげぇな望さん」

 レガリス事件から、もう何年が経ったのだろう。長い長い時間が経っても、望が夏木を想う気持ちは変わらなかった事に、素直に感嘆する。

「ある意味、姉ちゃんの粘り勝ちみたいなもんだよね」

 翔の苦笑に、圭介も苦笑を返して……声を落とした。

「……悪かったな、あん時」

 何故だか、謝るならば今だと思った。翔は一瞬驚いた顔をしたけれど、すぐに笑顔に戻った。

「どうしたの、突然」
「いや……ずっと言いそびれてたからさ、お前には」
「もう気にしてないよ」
「やっぱ姉弟だな。望さんも同じ事言ってくれた」

 そう? と首を傾げる翔は、もう子供の頃の面影など殆どない。大人になったから許せるのだろうな、とは思うけれど。それでも、許された事に安堵する。

「で、結婚式はいつなんだ?」
「まだ正式には決まってないけど」

 ふーん、と何気なく頷いて、圭介はとある事を思い付き、にやりと笑った。

「……んじゃさ、二人が空いてる日……式の前でも後でもいいけど、サプライズパーティーしないか?」
「サプライズ? って、夏木さんと姉ちゃんには秘密でってこと?」
「そ。冬原……サンも巻き込んで、あの時のメンバーと。あいつらだって、多分知ったら祝うって言うと思うし。式の二次会みたいな感じでさ」

 今だから思う。夏木と冬原がいたからこそ、圭介は怒鳴り散らし、当たる事が出来ていたのだ。あんなに生意気だった圭介を、『子供』は『子供』でも、『一人の人間』として最初に見てくれたのは、きっと彼ら二人だった。

「どう思う?」
「姉ちゃんは嬉しいと思うけど、光達はまだ学生だよ?」

 金銭的に無謀じゃない? と翔は告げるけれど、「そこは俺ら年長組の出番だろ」と笑ってみせる。
 仲間内ではもう働いている人間もいるし、どこかいい店を知っている奴もいるかも知れないし。会費制にするとか、手はいくらでもある。

「だったら、姉ちゃんの友達にも当たってみるよ。会費制なら人数多い方がいいし」
「じゃ、そっちは任せた」

 そして秘密の企みは着々と進み、サプライズパーティーは大成功だったという。


その他版権 目次

拍手SS Index
月別一覧(3月)へ 作品別一覧(3月)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR