Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手SS お祝いはチョコケーキ 「デートじゃなくて」

拍手SS Index
月別一覧(2月)へ 作品別一覧(2月)

拍手SSの再掲です。

2014年 5月 携帯用SS
お祝いはチョコケーキ 伊吹×里沙


「修学旅行……?」
「いや、どう見ても小学校の遠足だろ」

 久方ぶりに部活が休みになり、伊吹と里沙は二人でデートに出掛けるつもりだった。けれど、それを聞きつけたサッカー部の面々が、伊吹と里沙の待ち合わせ場所に集まってきたのだ。一応、団体割引なら安いだろうという理由はあったのだが、大半の理由は単に伊吹と里沙で遊びたいだけだ、きっと。
 わいのわいのと、伊吹と里沙の前を歩く総勢15名。しっかりマネージャーの二人も来ているし、何だか引率の先生にでもなった気分である。

「……いつになったら二人でまともなデート出来るんだか……」
「ふふ。でも、みんなで一緒も楽しいから良いんじゃない? それに」
「ん?」
「部活が休みな事自体滅多にないんだから、きっとまともなデートなんて引退するまで無理だと思うわよ?」
「恐ろしい事言うなよっ」

 口にすると、それが本当になりそうだ。引退まで、後どれだけの月日があると思っているのか。

「伊吹ー! ジェットコースターとお化け屋敷、どっちが良い?」
「最初はジェットコースターですよねっ!」

 瀬能と紗世が二人を振り返る。その姿に苦笑しながら、伊吹と里沙は手を繋いで歩き出した。

*****

「……何でこの世にお化け屋敷なんてものが存在するのよ……」

 お化け屋敷が終わった後の、観覧車の中。さすがにサッカー部の面々は男同士で観覧車は虚しいと、下で待っている。紗世と日和は、この次の観覧車に乗っているはずだ。

「そんなに怖かったかー? あんなの子供だましじゃん」
「子供だましでも何でも、怖いものは怖いのよっ! もう、伊吹とは二度と遊園地に来ないから!」

 手を繋いでいるのを良い事に、お化けや怪談の類が大嫌いな里沙を、伊吹は無理矢理連行したのだ。一緒にいた仲間達は「お、血みどろ!」とか、お化け役の人に「お疲れ様でーす」とか、ものすごく楽しんでいたのだけれど、里沙は驚かされる度に伊吹にしがみつき、終いには目を閉じてお化け屋敷を出たのだった。

「ごめんって、里沙、機嫌直せ?」

 向かい合わせに座っていた伊吹が、里沙の隣に移動してくる。けれど顔を見るのが何だか悔しくて、里沙はそっぽを向いたまま。

「りーさ」

 優しく、甘い声で名前を呼ばれる。髪を撫でられて、張っていた意地が少しずつ溶けていく。

「……次はないからね」
「了解」

 約束、と呟いた伊吹の顔が、里沙に近づき、二人の影が重なった。

お祝いはチョコケーキ 目次

拍手SS Index
月別一覧(2月)へ 作品別一覧(2月)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。