Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/23 ミルトニア 「淑女の物思い」

拍手SS Index
月別一覧(2月)へ 作品別一覧(2月)

拍手SSの再掲です。

2/23 ミルトニア 淑女の物思い
夜明けの光 三兄妹+レサリーア



「ふぅ……」

 ささやかな溜息が聞こえて、紅茶をいれていたレサリーアと、仕事を持ち込んだ兄弟が、溜息の出所に視線を移す。

「どうした? アーシャ」
「どうした、じゃありません。ティル兄様」

 どうやら溜息の原因はティルにあるらしい。自分達が溜息の原因ではないと知ったフレイルとレサリーアは、各々の作業に戻った。

「何がだ?」
「お兄様への縁談です!」

 机の上に積まれた、たくさんの手紙の山を、アーシャは淑女にあるまじき行為だと知りながらも、思い切り指差した。

「断っても断っても、一度会えばきっと兄様のお気に召すからとそればかり……!」
「今は国務が優先なのだと言ってやれ」
「何度もそうお返ししていますわ。けれど、兄様の意思ではなく、私が勝手にお断りする口実だと思われてるんです」

 あげく、アーシャにまで縁談が来るようになったのだ。小姑である妹姫が嫁いでしまえばもう、障害はないとばかりに。

「……そんな奴らからの手紙はいっそ燃やしてしまえ……」
「に・い・さ・ま?」

 不穏に呟くティルに、アーシャは身を乗り出して笑顔を突き付ける。妹の迫力に押され、ティルは後退りをしたくなった。椅子があるから出来ないが。

「……兄上。そろそろ覚悟をお決めになられた方が宜しいかと」
「フレイル、お前まで……!」
「このままだと、アーシャが悪鬼に変貌してしまいそうで」

 愛らしかった顔は疲弊し、化粧でごまかしていても大分やつれている。

「……私とて、兄様の意に染まぬ結婚は望みません。兄様方には幸せになっていただきたいですもの……」
「アーシャ……」
「兄上。王としての幸福だけではなく、私人としての幸せも、求めて下さい」
「俺は、お前達がいてくれればそれで」
「それでは満たされぬことも、ありましょう?」

 フレイル、レサリーアにもにこやかに告げられてしまう。

「しかし……」

 弟妹に手を汚させた自分が、一人の人間としての幸せなど、求めていいのだろうか。

「すぐに、とは私も申しません。でもティル兄様、どうか前向きにご検討下さいませ」

 妹の懇願に負けて、ティルは「解った」と頷き……頷いたのが運の尽きだった。
 毎朝、執務室に届けられる見合いの山に、いい加減苛立ちが止まらなくなり、結局は元の木阿弥。アーシャがまた対応せざるを得なくなったという。
 妹姫の物思いは、まだまだ続きそうである……。

夜明けの光 目次

拍手SS Index
月別一覧(2月)へ 作品別一覧(2月)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。