Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁のヨナ Never ever 【1】

暁のヨナ 目次へ 二次創作Index

Pixivに載せていたものと同じです。タイトル違いますが……。

『お前を、討つのは。俺だと……決めて、いた』


「ハク!」
「逃げろ姫さ……ぐっ」

 喉を圧迫され、ハクの顔が苦しげに歪む。ハクの力を持ってしても解けぬ怪力の持ち主は、もう片方の太い腕で、ハクの横っ面を思い切り殴る。
 四龍はここにはいない。当然だ、ただ薪を拾いに来ただけの森の中で、よもやこんな怪物に出くわそうとは誰が想像しただろうか。
 いつものハクならば、大刀を一振りするだけで済んだはずなのに、今、捕われているのは言わずもがな、大刀は天幕の中だからだ。ヨナの弓矢も同様で、あるのは短剣のみ。
 鞘を取り払い、ヨナが短剣を構えるのを見て、ハクは喉が圧迫されているとは思えぬ強い声で言い放つ。

「いい、からっ、逃げろ! 誰か、呼んで……っ!」

 キジャか、シンアか、ジェハか。とにかくハク一人では敵わぬ相手に、ヨナが敵うはずもない。確かに援軍を呼ぶのが先だ。それがハクを、一刻も早く助ける事にも繋がるのだから。

「待ってて! すぐ戻るから!」

 ハクを一人残す事に躊躇いはあれど、ヨナはその思いを振り切ってハクに背を向け走り出す。
 薄暗い森の中。道無き道。……天幕が、遠い。
 鮮やかなはずの緑も、透き通った空も、今のヨナの目には映らずに、走る。

(早く、……早く!)

 もっと早く、この足が動けば。そんなもどかしさを感じながら、ようやく見えてきた天幕に向かって、ヨナは思い切り叫んだ。

「皆、いる!?」
「ヨナ? どうしたの、そんなに急いで」
「早く来て! ハクが……あのままじゃハク、死んじゃう……っ」

 ヨナの切羽詰まった声に、天幕にいた全ての人間の体が、一瞬、止まった。

*****

(なんて力だ……っ)

 息苦しさに喘ぎながら、ハクは己の首を締め上げている男を見る。ハクよりもゆうに二回りは大きいであろう体。長身の部類に入るハクでさえ敵わぬ体躯は、見かけに違わず力も強かった。
 油断していたとは言え、高華の雷獣の首を絞めているのだから。

「出て行けっ!」

 男の声が、森に響く。瞳は完全に正気を無くしているのが解る程に血走り、なりふり構わぬ表情が、何故かハクに、憐憫の情を浮かべさせた。

(……怯え、てるのか……!?)

 そう思った瞬間、ハクの体は思い切り投げ飛ばされた。バキバキッ! と、細い枝は無残に折れて、太い幹に強く体を打ち付ける。

「かは……っ」

 衝撃は胸にまで届き、喉の圧迫とは違う息苦しさがハクを襲った。同時に頭も打ったのか後頭部がずきずきと痛み、折れた木々で切ったらしい瞼から流れ落ちる血が、視界を塞ぐ。
 地面を通して伝わる男の足音が、近付いてくる。

(こりゃ、……まずいかもな)

 力が桁外れだ。大刀があればここまで苦戦しなかっただろう事を悔やんでも、もう遅い。ここから天幕まではそれ程遠くはないが、ヨナが辿り着くまでにはまだ時間がかかるだろう。

(死ぬ気はない、が)

 もしも、ハクがここで死んでしまっても。ヨナの事は四龍が守るだろう。口には出さぬとも、それぐらいの信頼はしている。
 ヨナの事は、きっと心配しなくても大丈夫だ。でも。
 幼い頃の、眩しい程の笑顔が不意にハクの脳裏に蘇る。

(スウォン――――)

 お前を、討つのは。俺だと……決めて、いた。

「姫さん……すみま、せん……」

 その言葉を最後に、ハクの意識は途切れた。

暁のヨナ 目次 → 【2】 へ
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。