Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

140字log 【二次・その他】 01

140字SS Indexへ 二次創作Index へ

※Twitterでは好き勝手に書いてますので、未来設定・現パロもあります。
閲覧の際はご注意下さい。

〔LOVE SO LIFE〕
・【温泉へ行こう】
・【言葉】
・【またね】

〔薄桜鬼〕
・【誠の旗】

〔彩雲国物語〕
・【兄弟】

〔黄昏色の詠使い〕
・【再会を願う】
・【いつか、また】
・【抱擁】
・【微笑み】
・【護り】

〔FFX・X-2〕
・【最後じゃなくて、ずっと】

【温泉へ行こう】

「温泉、ですか?」
「茜と葵が中村さんに会いたがってて。竹川さん達も一緒だけど、それで良ければ」
「勿論です! 私も双子(ふたり)に会いたいですし」

【言葉】

「ごめんなさい……あんな事、言うつもりじゃ」
 笑って双子を見送るはずだった。泣く予定なんてなかったのに。
 まるで双子を奪われるかのような言葉を発したのに、政二は責める事もなく、そっと頭を撫でてくれる。
「あいつらを、愛してくれて、ありがとう」
 涙が、また溢れた。

【またね】

 また明日ね、が言えなくなっても、双子を思い出すだけで笑顔になる。
 今頃、双子は何をしているだろう。祖父母と遊んでいるのだろうか。それとも父親か。
 今まで甘えられなかった分も甘えていれば良いと思う。
「茜ちゃん、葵くん。いつか――」
 また、会おうね。

【誠の旗】

あの頃の俺達は、誠の旗の許、志を背負い、いくつもの戦場を駆けた。
ただ刀や槍を手に。殺さねば殺される、そんな時代を生きてきた。
だから――今、この時。全員が揃うなんて奇跡が叶うなんて思わなかった。
誰が願った奇跡だろうな?
今度は、この時代を精一杯、生きていこう。

【兄弟】

「清苑兄上っ」
 走りながら抱きついてくる弟を、しっかりと受け止めながら清苑は笑う。
「劉輝、転ぶよ?」
 誰もが孤独なる王宮で、互いだけが心の拠り所だった――。
 そんな、幼い過去の小さな記憶。

【再会を願う】

「イブマリー」
 夜色の空に向けて、彼女の名前を呟く。
「ボクにばっかり探させるんだから」
 それを嫌だと思った事も、苦だと思った事もないけれど。少しだけ、愚痴を唇に乗せてみる。
『あら、探すと言ったのはあなたでしょう?』
 黒魔女の小さな笑い声が、耳を掠めた。

【いつか、また】

 名を呼ぶ声が、聞こえた気がした。
「どうした、イヴ」
「ううん……。多分、気のせい」
 ここに彼の声が届くはずもない。けれど、特別な響きで彼女の名を呼ぶ人間を、イヴは彼以外に知らない。
「カインツ……」
 呟いた声に、アマデウスは聞かぬ振りをしながら微笑んだ。

【抱擁】

 そっと、彼女の体を抱き寄せる。
「……カインツ?」
「キミが、ここにいるって、確かめさせて」
 きっと、この再会も束の間で、イブマリーはすぐに消えてしまう。だけど、彼女が今、ここにいる事は紛れもない現実。
「……らしくないわね」
「そうかな」
「……でも、温かいわ」

【微笑み】

「……何を笑っているのよ」
「キミも、そんな風に微笑うんだなって思っただけだよ」
 可愛かった、などと言えば、この黒魔女はきっと照れて口を聞いてくれなくなるだろう。
 そんな顔も、見てみたいけれど。
「夕暮れ、綺麗だね」
「……そうね」
 イブマリーはまた、微笑んだ。

【護り】

 あの約束で、ボクはキミを護りたかった。その希望が潰えぬように。
 そして、ボクとは違う色を目指すキミを、虹色名詠で護れるように。
 だけど、キミは……。
「キミらしいと言えばらしいけど、ね」
 夜明けという名の後継者を残して、キミはもういない。
「遠いよ……本当に」

【最後じゃなくて、ずっと】

「ユウナ!」
「え、何でここに……!」
 ここには一人で来たはずなのに、どうして彼が現れるのか。
「うわ、懐かしいッスね~」
 そんな呑気な言葉を呟きながら、彼は笑う。
「……どうしたの?」
「見たくなったんだ、新しいスピラを」
 ユウナ達がこの2年暮らしてきた、新しい世界を。
「……色々、変わったでしょ」
「そうッスね。けど、変わらないものもあるよ」
 人の絆。人の想い。それはティーダがいた頃から変わっていない。
「……ユウナと一緒に、見たいんだ」
 変わったものも、変わらないものも。そして、一緒に覚えていく。
「これが最後じゃなくて、……ずっと」

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR