Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

140字log 【暁のヨナ】 02

140字SS Indexへ 二次創作Index へ

※Twitterでは好き勝手に書いてますので、未来設定・現パロもあります。
閲覧の際はご注意下さい。

・【こころの闇】
・【涙】
・【咲く】
・【真夜中のデート 幼少Ver】
・【真夜中のデート 成長Ver】
・【赤い糸が見えたら】
・【カフェオレ】
・【暁】
・【色】
・【好き?】

貴方はハクヨナで【 こころの闇 】をお題にして140字SSを書いてください。
http://shindanmaker.com/415755

【こころの闇】

 憎しみ。恨み。己の中にこんな感情がある事など知らなかった。
 こころの闇とも言える感情を吐露する事は、怖い。でも。
「……あんただけじゃない」
 温かい手と温もりが、弱音を晒させる。
「だから、苦しまないで下さい」
 ハクだって。その言葉は抱き寄せられて言えなかった。

【涙】

 大きな瞳から零れる雫。一筋、二筋、頬を伝う。
 何を告げたいのか、震える唇はきゅ、と引き結ばれる。
 ――否、言いたい事は、きっと……。
「大丈夫、です」
 こんな怪我は大したことではない。武人としてなら日常茶飯事だ。
「……泣くな」
 涙を拭うように、指を伸ばした。

【咲く】

 花々の傍に屈み込み、香りを楽しむヨナは、目を閉じたまま嬉しそうに笑った。
「今年も綺麗に咲いたわ」
「姫さんが育てたわけじゃありませんがね」
「もうっ、またそんな意地悪!」
 少しだけ頬を膨らませるも、すぐに花の香りに囚われて。咲くのは大輪にも劣らぬ笑顔。

貴方はハクヨナで【 真夜中のデート 】をお題にして140字SSを書いてください。
http://shindanmaker.com/415755

【真夜中のデート 幼少Ver】

「ハク、見て! また流れたわ」
「はいはい、見てます見てます。つーか暴れんな、落ちるぞ」
 肩の上ではしゃぐ幼い姫に一応注意はするけれど、おそらく彼女は星を見るのに夢中で気にしていない。
 真夜中の流星群。溜め息をつきながら、ハクも夜空に降る星を見上げた。

【真夜中のデート 成長Ver】

「昔もこうやって、二人で見たわね」
「あんたは俺の肩に乗ってましたが」
「う。それは言わないでっ」
 ヨナが言い返せば、ふはっ、とハクの笑い声と、繋いだままの手が少しだけ力を込めて握られた。
 星の降る夜。草むらに寝転がりながら見上げる空には、幾筋もの光が流れていく。

貴方はハクヨナで【 赤い糸が見えたら 】をお題にして140字SSを書いてください。
http://shindanmaker.com/415755

【赤い糸が見えたら】

「赤い糸ってあるのかしら」
「ないかもしれませんねー」
「む。何よその言い方は」
「そんなもん、あってもなくても変わりませんよ」
「~~ハクのバカ!」
「いきなりなんですか」
 だって、もしも赤い糸が見えたなら。
 それがハクに繋がってればいいなって思うんだもの。

【カフェオレ】

「甘っ! よくこんな甘いの飲めますね」
「甘いの好きなんだからいーじゃない」
「……太りますよ」
「一言多いっ!」
 ぷい、と顔を背けたヨナが、カフェオレを飲みながら拗ねていると。
「どーせ甘いならこっちのがいい」
 思い切り不意打ちで、奪われた。

【暁】

 緋い髪。かつての主と同じ色。
 ただの人間であった彼の人のように、無力だった幼い少女。
 この少女なら大丈夫だと思ったから、ついて行く事を決めた。
 黎明――――夜明け。いずれ彼女は導く者となるだろう。
 「暁」という言葉が持つ、もう一つの意味のように……。

【色】

「白だ」
「いや、緑も」
「黄色もあるぞ~」
「アオ……」
「お、シンアくんも? 青か」
「違う……アオ、いない」
「そっちか。あ、黒は?」
「それはハクの色ではないか」
「……何の話をしてる訳?」
 ユンの問いかけに。
「ヨナちゃんに似合う色の話」

【好き?】

「ハクは、私の事好き?」
「そりゃ……」
「従者としてなら、聞かないわ」
「……どういう意味です」
「言わせるの?」
 心臓が早鐘を打っている事を押し隠したまま、にこりと笑ってみせる。と――。
 引き寄せられて、耳元で囁かれた言葉に、ヨナは可憐な笑みを浮かべた。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR