Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

140字log 【暁のヨナ】 01

140字SS Indexへ 二次創作Index へ

※Twitterでは好き勝手に書いてますので、未来設定・現パロもあります。
閲覧の際はご注意下さい。

・【戦場にて】
・【あかいはな 初期】
・【真実】
・【誰がお前を】
・【平和な会話】
・【ブラックコーヒー(現パロ)】
・【背中に文字】
・【置き土産】
・【穢れ】
・【共に】

【戦場にて】

「来いっ!」
 敵から奪い取ったであろう、馬上から伸ばされた腕に、必死に手を伸ばした。ぐっと肩が外れるかと思う程強く腕を引かれ、次の瞬間には、片腕とは思えぬ力で抱き竦められていた。
 けれど、その抱擁も一瞬だけだ。ここはまだ戦場、四龍も別の場所で戦っているはず。
「狙えるか!?」
「ええ!」
 揺れる馬の上では、狙いを定めるのは少し難しいけれど、滅多にないハクの緊迫した声に、ヨナはすぐさま応えた。
 矢筒から引き抜いた矢を番え、立て続けに放つ。狙いは違わず近づいて来た二頭の馬の体に当たり、上に乗っていた人間が倒れ込む。

【あかいはな 初期】

「恋じゃない」の続き?
 横抱きにした愛しき姫が、大人しく自分の首に腕を回したと思ったら、首筋に唇を寄せられて、思わず息を呑んだ。
 耳元に届く、小さな笑い声。
「……姫さん」
 心持ち低い声で彼女を呼ぶと、ヨナはくすくすと笑ったまま「仕返し、よ」と告げた。

【真実】

 ねぇ、どうしてそんな風に笑うの。
 いつもお前は私の事ばかりで、自分の事など顧みない。
 ねぇ、私にそれ程の価値があるの?
 我が儘を言ったのは確かに私だけど、本当ならそんな我が儘、聞く必要もなかったでしょ う?
 ねぇ、教えて……お前の真実(ほんとう)を。

【誰がお前を】

「危険です」
 真剣な瞳、肩を掴む両手。強い声が、ヨナを押し止めようとする。
「危険なのはみんな同じよ! ハクだって」
「あんたを護るのが俺の仕事です」
 それだけを告げて背を向けたハクに、ヨナは叫んだ。
「なら……! なら、ハクの事は誰が護るのよ!?」

【平和な会話】

 新緑に彩られた山々を見ると、心が和むのは何故だろう。
「緑って、好き」
「え、僕の事が好きだって?」
 ぽつり、呟いたヨナの言葉に、反応したのは緑龍で。
「誰もそんな事言ってねぇよ変態タレ目」
 ゴツッ、と大刀で殴るのは雷獣。そんな、平和な会話。

【ブラックコーヒー(現パロ)】

「何でこんな苦いの、ハクは飲めるのよ」
「誰かさんはオコサマですからね~」
「また子供扱い……」
「……甘けりゃ飲めますか?」
「そうね、甘けれ、ば……!?」
 しばしの沈黙。
「甘いか?」
 ……コーヒーの味なんか解らなかったわよ、バカ……!

【背中に文字】

「うみ」
「これは?」
 すす、とハクの背中を滑る細い指先。
「……アオ?」
「当たり! じゃあ……」
 躊躇うかのように、ゆっくりと動いていくその指が綴るのは、
(す……?)
 もう一文字を認識した瞬間、ハクは背後に座るヨナに腕を伸ばした。

【置き土産】

 卓上に置かれていた、お菓子の箱。
(誰かしら……?)
 箱をそっと両手で持ち上げる。
『風牙の都の名物です』
 書いてあるのはただそれだけ。だけどその字は、ヨナが信頼している幼なじみの筆跡。
「……顔ぐらい、見せてから行きなさいよ……。ハクのバカ」

【穢れ】

「……後悔、しませんか」
「しないわ。するわけがない。私が選んだのよ? この身を穢せるのは」
 私を壊せるのはお前だけよ、ハク。
 僅かに躊躇いが覗くその瞳を見つめたまま、伸ばした片腕で頬に触れる。
「一緒に、堕ちて」
 言葉の代わりに、熱い唇が触れた。

【共に】

『一緒に、堕ちて』
 言われずとも、この身は既に。
「ハクは、私のものでしょう?」
「ああ。そしてあんたは、俺のものだ」
 誰にも渡さない。誰にも奪わせない。
 互いを失うくらいなら、共に堕ちよう。例え地獄の底であっても。
 誓うように、腕に掻き抱いた。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。