Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

140字log 【オリジナル・その他】 01

140字SS Indexへ 一次創作Index へ

・【背中から】
・【全力で】
・【爪跡】
・【さよならなんて】
・【永遠】
・【おやすみ】
・【唯一】
・【勇気】
・【信じる】
・【頑張れ】

【背中から】

「来ないで」
 震えた声、振り返らぬ背中。そうやってまた、一人で泣くのか。強いと思う半面、それ程己は頼りないかと情けなくなる。だから。
「嫌だ」
 見ないフリなんかしてやらない。でもきっと、泣き顔は見られたくないのだろう。短く告げて、背後から強く抱き締めた。

【全力で】

 気付いて、この想いに。気付かないで、この願いに。
 相反するこの心、どちらを選んでも正解などなくて。
 ねぇ、あなたを巻き込まずにいられるのはどちらの選択?
 でもきっと、あなたは自ら巻き込まれるわ。
 ならば私に出来るのはただ一つ。
 あなたを全力で護り切るだけ、そうでしょう?

【爪跡】

「こんなに穏やかな海なのにね……」
 大地の怒りを表すかのように、黒い波はすべてを飲み込み、そして海へと連れ去った。
「……人間て、傲慢だよな」
 我が身を守るために自然を切り捨てる。だが、たかが人間が自然に勝てぬのも単なる理にしか過ぎないのだろう。

【さよならなんて】

 もう二度と会えぬと解っていて、紡がれる言葉。
 聞きたくない、でも、聞かなければならない。
 溢れる悲しみを押し隠し、笑顔で見送る事が出来たなら、その後に沢山泣こう。だから、今は――。
「……そんな顔をされたら、連れて行きたくなるでしょうが」

【永遠】

 永遠なんてどこにもない。いつかは離れてしまう時が来る。
 この身をどれだけ重ね合わせたとしても。
 淋しい、そう呟く彼女に彼は告げた。
「現在(いま)の積み重ねが未来だ。未来が続けば、それは『永遠』と変わらない。……俺はそう思う」
 触れる温もりに、彼女は目を閉じた。

【おやすみ】

 耳元で聞こえたたった一言。甘く囁くような声音に鼓動が跳ねた。
「……ばか」
 もう無機質な音しか聞こえないのに、まだ耳に彼の声が残ってる。
「余計眠れなくしないでよ……」
 ベッドに仰向けに倒れ込み、瞼を閉じれば浮かぶその姿にもう一度、ばか、と告げた。

【唯一】

 その手を取ったなら。その胸に飛び込んだなら。
「もう離さない。離してやらない。それでも、いいか?」
「……そんなの、もうずっと前から――」
 彼女にとって、唯一の望みだった。
「私だって、離してあげない」
 満面の笑顔で首元に抱きつく彼女を、彼はしっかりと抱き留めた。

【勇気】

 真実に立ち向かう為に。守りたいものを守る為に。全てを受け入れられるように。
 信じるべきものを、間違えぬように。
 私はこの地を歩く。自らの目で見たものを、聞いたものを信じて。
 くじけぬように、泣かぬように。
 その為の勇気を、この身に下さい――――。

【信じる】

「例え裏切られたって、……その悲しみは、乗り越えればいいんだ。……おまえなら出来るだろ? 他人を傷付けることを誰よりも恐れる、誰よりも優しいおまえなら……疑うことより、信じることの方がはるかに簡単なはずだ」
「……そんなこと、出来るわけ……っ」
「出来るよ。俺が傍にいるんだから」

【頑張れ】

「頑張れ」
 彼が笑った。彼女の頬に手を添えて、なめらかな肌を撫でていく。
「おまえが持つはずだったものを、取り戻すために」
 失ってしまったものを、取り戻すために。それは、言葉で否定しても、彼女がずっと、心の奥で願っていたことだった。
「お前が望む未来を、手にする為に」
 本当なら当たり前にあったはずの未来を、その手に掴む為に。
 彼女の頭が、小さく揺れる。頷いた彼女の瞳は、穏やかに微笑んでいた。
「俺も頑張るから。だから」
 彼女の手を取り、小指を絡ませ、彼は告げた。
「負けるな。どんな事があっても」
「……あなたも、負けないで。傍にいるから」

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR