Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

1/17 デンドロビウム 「わがままな美人」

拍手SS Index
月別一覧(1月)へ 作品別一覧(1月)

拍手SSの再掲です。

1/17 デンドロビウム 「わがままな美人」
執事様のお気に入り 伯王×良



 クッキング部主催の劇に、王子役として出た良は、懐かしくなって図書館からグリム童話を借りてきてパラパラと読んでいた。白雪姫、シンデレラ、親指姫に人魚姫。

「絵本の中の悪役って、大抵わがままで美人な人ばっかりだよねぇ」
「確かにな」

 子供にとっては解りやすい悪役なのだろう。対する主人公は決まって健気だったり一生懸命だったり、好意的な見方をするのだが。

「お金持ちの人も、そういうの多いって良く言うけど、双星館って、そんなわがままな人もいないよねー」

 美人と言えるだけの人は双星館にもたくさんいる。だが、わがままに当て嵌まるのはごく僅かだろう。

「わがままを誇りと勘違いする人間は多いからな」

 そう、伯王と出逢って間もない頃、彼は言った。
 家の地位や財産の上に能天気に胡座かいて、それが当然だと疑わない、と。本当に誇りにするべきものを間違えているのにも気づかずに、己はそれだけの価値のある人間だと、わがままを言っても許されるのだと勘違いをして。

「ある程度の誇りは必要だとは思うけどな……。そうじゃなきゃ、自分を卑下することしか出来なくなる」

 絵本に出てくる悪役のように、ただのわがままな美人としていられるならば、きっと世の中を生きるには楽だろう。ただしそれは、現実には全く通用しない。わがままなだけの美人など、嫌われるか都合よく利用されるかの二択ぐらいだ。
 と、伯王はそこまで考えてしまったけれど、恐らく良はそこまでは考えていないだろう。良くも悪くも、天真爛漫な彼女だから。

「そしたら伯王は、誇れることたくさんあるよねー!」
「俺に?」
「だって伯王は、何でも実力で勝負しようとするでしょ? それに、庵さんや隼斗さんだって誇りにしていいと思う」
「庵や隼斗は、あいつら自身の誇りだろ」
「でも、誰の為って言ったら、伯王の為だよ?」

 伯王には、人を動かす力がある。わがままを言うのでも、命じるのでもなく。伯王自身の姿勢が、人を動かせる。それは、彼が誇りにしていいものなのだと、良は思う。

「……なら、お前にとっては?」
「え?」
「氷村にとって俺は、誇りに出来る執事か?」

 伯王の問いに、良は間髪入れずに即答した。

「当たり前だよ!」

 そう告げられて、伯王は思わず笑みを浮かべた。

執事様のお気に入り 目次

拍手SS Index
月別一覧(1月)へ 作品別一覧(1月)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR