Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/09 早咲きグラジオラス 「念には念を」

拍手SS Index
月別一覧(1月)へ 作品別一覧(1月)

拍手SSの再掲です。

1/09 早咲きグラジオラス 「念には念を」
お祝いはチョコケーキ 伊吹×里沙



 ホイッスルの音が響く。前半終了の合図。束の間の休憩に喜ぶ選手達とは裏腹に、マネージャーである三人は険しい顔をしていた。

「……里沙先輩……」
「みんなの事、任せていい?」
「はい」

 きっと彼は、怪我をした事実を誰にも知られたくないのだろうから。

「伊吹」
「おー里沙、ドリンクくれ~、っておい!?」
「……ちょっと来なさい」

 必要以上にニコニコ笑う伊吹の腕を取り、人目につかぬ手近な椅子へと引き連れていく。

「な、何だよ里沙、どした?」
「どした、じゃないわよっ。とっとと座って靴脱いで、足見せなさいっ」

 有無を言わせぬ口調で告げると、ニコニコ笑顔が真顔になって、最後に痛みをこらえる顔になった。

「……なぁんで気付くかな」
「マネージャー舐めないでよね。日和ちゃんも紗世ちゃんも気づいてるわよ」

 前半終了5分前。相手チームと接触し、転倒した伊吹は、そのすぐ後こそ何事もなかったが、徐々に足首を庇うように走っていた。その様子に、選手は誰も気づかなかったけれど、一人一人を見るマネージャーはすぐに気づいたのだ。

「やっぱり、捻ったのね」

 少し赤く腫れた左足首を見て、里沙は試合続行は無理だと言おうとした。けれど、伊吹はきっと……。

「……テーピングするわ」
「え……」
「試合、出たいんでしょ?」

 今日の試合の相手校には、伊吹にとって中学の時からのライバルがいるのだ。ちなみに接触したのもそう。わざとではないから、イエローカードも出なかった。

「終わったらすぐ病院。いい?」
「了解。……さんきゅ」

 そこまで大した怪我ではない。ただ、怪我を放置したまま試合を続行するよりは、テーピングで固定して悪化を防いだ方がいい。そう判断した里沙は、ポケットに突っ込んでおいたテーピングテープを取り出して、くるくると巻き付けた。

「……これ以上怪我しないように、少し強めに巻いたからね」
「……じゃ、念には念を」
「は?」

 言うが早いか、伊吹の顔が下りてきて。里沙の唇に一瞬だけ柔らかなものが触れて。

「な、何して」
「だから、念には念を、だって」
「違うでしょ絶対!」
「いーじゃん、お守りがわりで」

 そういう問題か? と、里沙は顔を赤くしたまま考えたけれど、伊吹は飄々と笑うだけだった。

 ちなみにこの試合は、お守り効果か圧勝したという。

 お祝いはチョコケーキ 目次

拍手SS Index
月別一覧(1月)へ 作品別一覧(1月)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。