Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手SS お祝いはチョコケーキ 「梅雨の或る日」

拍手SS Index
月別一覧(12月)へ 作品別一覧(12月)

拍手SSの再掲です。

2013年 6月 携帯用SS
お祝いはチョコケーキ 伊吹×里沙


「……俺達のデートって、いつも雨だよなぁ」
「晴れの日は部活なんだから、仕方ないじゃない?」
「まぁ、そうなんだけど……。だからってさ」

 本格的に梅雨入りし、雨の日はグラウンドが使えないためにサッカー部は休みになる。そんな時はいつも、放課後の制服デートになるのだけれど。
 背後を振り向いた伊吹の視線から、慌てて隠れるのは、賭け事が大好きな部活仲間達だ。

「いー加減、あいつらの賭け事の対象から外れたいわ、俺」
「今度は何を賭けてるのかしらね?」

 付き合ってからも、度々伊吹と里沙は賭け事の対象にされている。大抵は途中で気付いた伊吹が中断させるのだが……。

「……鬱陶しくね?」
「……撒く?」

 里沙の言葉に伊吹はコクリと頷き、次の瞬間、里沙の手を握り走り出した。

「あっ! 逃げた!」
「待てー!」

(誰が待つか!)

 背後から聞こえる声に、心中で答えて、手近な公園に駆け込む。
 大きな紫陽花の影に身を潜め、息も殺し。仲間達が通り過ぎるのを待つ。

「いたか?」
「ダメ」
「ちっ、逃げられたか。賭けは次回に持ち越しだなぁ」

 と、ぶつぶつ言いながら帰っていく仲間達。雨音に混ざる足音が聞こえなくなった頃、伊吹と里沙はそっと立ち上がった。

「紫陽花のおかげで見つからずに済んだな」
「うん。ふふ、綺麗」

 指先をそっと伸ばして、手鞠型に咲く青紫の紫陽花に触れようとすると「おいっ」と慌てたような声と一緒に指を止められた。

「? どうしたの?」
「あ、いや、紫陽花って毒があるんじゃなかったっけ」
「花じゃなくて葉の方だったと思うけど……それに、食べるわけじゃないし。触ってもあとでちゃんと手を洗えば大丈夫なはずよ?」
「そっか」

 納得してから離された指先で、青紫の花弁のようなガクに触れる。

「紫陽花っつーと、なんか蝸牛がセットな気ぃする」
「うん、私もー。折り紙とか、絵とか。紫陽花の葉の上には必ず蝸牛だった。……蛞蝓は嫌だけど」
「あれは俺も嫌い。けど、蝸牛なんて見てないな、ずっと」

 子供の頃は見えていたもの。大人になって、背が伸びていくにつれて、地面に近いものは見えなくなって行く。

「……見えなくなるもの、たくさんあるんだろうね」
「見たくなくても、見なくちゃいけないものもな」

 子供と大人の境目にいる二人は、雨粒に濡れる紫陽花を見ながら、小さく呟いた。

お祝いはチョコケーキ 目次

拍手SS Index
月別一覧(12月)へ 作品別一覧(12月)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。