Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

Angel's Ladder 【3】 糸口

目次へ  一次創作Index

一緒に物語を作って♪ Part4の回答を元に作った物語です。

『この足枷だけ解ければ、……帰れるのにね……』


 しかし、どれ程の時が流れても……足首の枷を解く方法は見つからない。一つ構成を解読出来ても、その他の構成が複雑に絡み合っていて邪魔をする。

(どうして……!)

 いや、解る。解ってはいるのだ。元々、天使と人間が使う魔法では性質が違うのだから。
 だがそれは、出来ない言い訳のようで。フィルカは寝る間も惜しんで自らの足枷と向き合った。

「フィルカ様、少しお休み下さい」
「ケイナ……」

 昨日、傷が治ったばかりの天使が声をかけてくる。……フィルカがここに来た時にいた数十人は、今やほぼ全てが治療中の身だ。エナも、ソニアも……いつかそらに帰るのだという希望だけを胸に抱いたまま、血だらけになってこの部屋に放り込まれていく。
 そして、傷が治った天使はまた連れて行かれ……フィルカは一度、己が行くと告げたのだが、下位天使達に諫められ、また、不思議とギアド自身がフィルカを連れて行こうとはしなかった。
 それはおそらく、フィルカを傷つければ、天使達の傷を治す者がいなくなるからだろう。自然治癒に任せるよりも、フィルカが治した方が早いのは確実だ。
 ……フィルカを捕らえて以来、ギアドは新たな天使を捕らえてくる事は無くなったから、それだけでも安心だけれど。

「……ごめんなさい……」
「フィルカ様……?」

 幾度、こうして嘆いただろう。嘆いても何が変わるわけでもないのに、解っているのに涙は止まる事を知らない。
 ギアドの実験自体、どうなっているのかフィルカには解らない。ただ、一刻も早くこの足枷を解く事が出来るのなら、それだけで皆が苦痛から解放されるのに。
 不意に、ケイナが目の前に立ち、その手がフィルカの額に翳される。

「癒しの光を……」

 小さな呟きによって、白く小さな光がケイナの手からフィルカの額へ、そして全身を包み込み……僅かながらもフィルカの疲労を癒してくれた。

「申し訳ありません、フィルカ様。私の力では、これが精一杯です」
「いいのよ。ありがとう、ケイナ」

 安堵したように微笑むケイナに、フィルカもそっと笑みを返す。

「この足枷だけ解ければ、……帰れるのにね……」
「あまり根を詰めないで下さい、フィルカ様。フィルカ様だけが頼りなんです」

 そう、一歩を踏み出したケイナの足首にかけられた枷が、満月の月光に照らされてきらりと光る。────銀色に。

(銀色……?)

 慌てて自分の足枷を月光に照らせばそれは、金色の輝きを放ち。

「まさか……っ! ケイナ、足!」
「えっ、きゃあ!?」

 椅子から滑り落ちるようにしゃがみ込み、躊躇いなくケイナの足を持ち上げようとした為に、彼女の体勢が崩れたけれど、そんな事に構っていられない。フィルカの勘が正しければ、もしかしたら……。

「やっぱり!」

 銀色の足枷に手を翳せば、今までの苦労が水の泡に思える程、呆気なく魔法構成が読み取れた。いつもなら虹色に輝く足枷は、月光の下でなければ色を変化させないらしい。

(そういう事……)

 元々、フィルカの足枷だけ魔法構成が複雑なのだろう。そういえば、捕われた翌日にもう一度魔法をかけられた事を思い出す。

(小賢しいことを!)

 内心で自分の愚かさとギアドの周到さに腹を立てるが、今はそれよりもやらなければならないことがある。

(これなら解ける……!)

 ケイナの足枷に手を翳し、一つ一つ魔法構成を解除していく。

「フィルカ様、もしかして……」
「黙って。もう少し……」

 最後の一つを解除した途端、銀色に輝いていた足枷は、パキン……と音を立てて崩れ落ちた。

「え……」
「解けた……? ケイナ、呪文!」
「あ、えっと、真白き翼よ」

 何を求められているのか瞬時に理解したケイナは、久しく唱える事さえなかった翼を広げる呪文を紡ぐ。その言葉が終わると同時に……白銀に輝く一対の翼がケイナの背を覆った。

「フィ、フィルカ様……っ!」
「ケイナ……っ!!」

 どれ程この時を待ち望んだだろう。どれ程欲しただろう、天使たる証、そらへと帰る為の翼を。
 ポロポロと涙を零すケイナを、フィルカはそっと抱き締めた。

【2】へ ← 目次 → 【4】へ 
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR