Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wisteria Memory 【8】 また来年も S:side

TOP
Wisteria Memory 目次へ 一次創作Index

一緒に物語を作って♪ バトン の回答を元に作った物語です。

『……たかくん、来年も来る……?』


 お昼に和風パスタを、そして食後のお茶までご馳走になった高征と紫乃は、翔真が印刷してくれたばかりの、過去と現在の写真が入った封筒を手に、また公園へと戻ってきていた。
 翔真の家からはずっと無言で、互いに何かを考えているようで。それなのに、藤棚に向かう足取りに迷いはない。
 ベンチに座り、藤を見上げていると、高征が呟くように紫乃に問いかけて来た。

「……しぃも明日、帰るんだろ?」
「うん……」

 そう、明日。明日にはもう、ここにはいない。しぃも、と言う事は、彼も明日自分の家へと帰るのだろう。

 ……淋しい。素直に、そう思った。
 住所や電話番号を聞けば、きっと会う事は出来なくても、言葉は交わせる。それは解っているのだけど、……何故だか、そうしたくはなくて。
 ただ、……そうただ、もう一度会うなら……会えるなら。そう考えると同時に、紫乃は言葉を紡いでいた。

「……たかくん、来年も来る……?」
「……え」

 迷惑がられるかな、と思ったけれど、今は自分の気持ちを伝えたかった。

「あ、あのねっ、来年になったら、携帯持てるし」
「うん……?」
「そしたら、いつでも連絡出来るし……。だ、だからね、来年も……っ」

 そこまで口にしてやっと、高征が嬉しそうに笑っている事に気付いた紫乃は、自分一人がまた会いたいと告げている事が何だか癪で、少しだけ拗ねて顔を逸らした。

「っ、ずるい、私ばっかり……」

 その先は言葉にならなくて、そのまま顔を背けていると。

「ごめん。でもさ、嬉しくて」

 本当に嬉しそうな色が声から滲み出ていて、紫乃は拗ねていた事も忘れて高征を振り返った。

「しぃも、俺と同じ事、考えてたんだなって」

 今の二人を確実に結ぶのは、この時期、この場所だけ。まだ中学生である二人には、そんな約束しか出来ないから。
 高征が小指を立てた手を、紫乃に差し出してくる。

「約束、しよう」

 一瞬何を言われているのか解らなくて、思わずきょとんとしてしまった。

「また来年も、ここで会おう」

 それが、今の自分達には精一杯の約束。その事に気付き、紫乃は破顔して小指を差し出す。

「約束、ね」
「うん、約束」
「……さすがに、歌わなくて良いよね……?」

 この歳になって指切りげんまんの歌はちょっと恥ずかしい。子供の頃ならば微笑ましいで済むが、中学3年ともなると、気恥ずかしさが先に立つ。
 紫乃の問いに対する答えの代わりなのか、高征は小指を絡めたまま腕を小さく上下に振った。
 歌っている時に、そうするように。

「……指切った」

 最後のフレーズだけ、囁いて。何事もなかったように絡めた小指はすぐに離れていく。

「……待ってて下さいね」
「きっと来年も、見に来るから」

 あの老夫婦を、翔真の成長をずっと見てきた、そして、高征と紫乃を出会わせてくれた藤を見に、必ず来るから。
 心の中で呟けば、初夏の風がふわりと二人の髪を撫でた。そして────。

『またおいで。たかくん、しぃちゃん』

 それは、幼い頃の記憶に残った声か、それとも幻聴なのか。いや、今はもう、そんな事はどうでも良かった。子供の頃は、「またおいで」の声に応える事は出来なかったけれど……。

「うん。来るよ」
「だから来年も、綺麗に咲いてて下さいね」

 紫乃の言葉に応えるように、花穂がゆらりと揺れた。

「しぃ」
「はい?」

 振り返れば、変に真面目な顔をした高征がいて。

「彼氏とか連れて来るのナシな?」

 続いた言葉に、紫乃はくすくすと笑った。まず受験生で彼氏なんか作っている暇もないと思いながらも、むしろ自分よりも可能性がありそうな高征に、挑戦的に告げた。

「たかくんこそ、彼女連れて来ないでよ?」

 お互いに、言われなくても誰も連れて来るつもりはなかった。
 だってここは……この公園の藤は、二人にとって特別な場所だから。

「あ、でも紗由は連れてくるかも」
「あー、早速約束破る気?」

 早速針千本の出番かと笑えば、高征は慌てたように「違うって」と告げた。

「紗由は妹! 昨日の午後、ここに一緒に来たんだよ。藤が見たいって言うから」
「え!? たかくん、妹いるの!?」
「いるよ、今小学2年生」
「一人っ子だと思ってた」
「残念でした。じゃ、しぃは?」
「私はね、生意気な弟が一人」

 それから自分の家族の話や学校の話など、他愛ない事を二人でのんびりと話していく。
 やがて、5時を知らせる鐘が遠くで鳴って、……二人はようやっと重い腰を上げた。

「……もう、帰らなきゃね」
「ああ。……受験、頑張ろうな」
「お互いにね」

 約束はした。あとはその約束を覚えていられるか……守る事が出来るかは、解らない。
 名残惜しいけれど、それでも。今の自分達に、これ以上の約束は出来ないから。
 公園の入り口、二人が向かうのは反対方向。ここで、別れなければならない。

「じゃあ……元気でな」
「たかくんも、ね」

 そう笑えば、高征がくるりと背を向ける。そして、紫乃も。
 二日間の時間の共有。歩き出したその瞬間から、二人の時間はまた別々になる。
 高征が歩き出す音が聞こえる。躊躇いのない足音は、きっと振り返る事はしないだろう。
 紫乃がまた、そうであるように。
 来年の約束を胸に、紫乃は一歩を踏み出した。

「ただいま」

 リビングにいた母と叔母にそう声をかけると、昼間の電話で既に知っているからなのか、母はふわりと微笑んだ。

「お帰りなさい、紫乃。……ちゃんとご挨拶してきた?」
「うん」

 何だか今日はめまぐるしかった。僅かな疲れを感じたけれど、それはとても心地よい疲れで。そのままソファに倒れ込みたいけれど、一応ここは叔母の家だから踏み留まる。
 声が聞こえたのか、リビングと台所を繋ぐ戸口から隆矢がひょこっと顔を出す。

「あ、紫乃姉お帰りー」
「隆矢逃げんなっ! ねーちゃん帰ってきたなら手伝って!」
「……はい?」

 臣の悲鳴のような助けに、若干足を早めて台所へと向かう。そこで見たのは、何故かいびつに切られた野菜の山と、黄色の液体。

「……何それ」
「天ぷら作ろうとしたんだけどさ」
「見事失敗?」

 にこっ、と満面の笑みで告げる弟と従弟に、紫乃は頭痛を感じた。

「お母さんっ、叔母さん! 何でこの二人にそんな事やらせてるの!」
「天ぷらぐらい俺達でも作れるって言うからねー」
「やらせてみたの」
「だからって……っ!」

 何がどうして、弟達が天ぷらを作る羽目になったかは解らないが、多分こうなったら梃子でも動かないだろう。性格だけはよく似ている姉妹だ。
 ……まぁ、どれだけ材料を無駄にしたとしても、きっと文句を言わない覚悟だから出来る事だとは思うけれど。
 動かぬ母達と、途方に暮れている弟達を交互に見て、紫乃が盛大な溜息をついたのは言うまでもない。


【7】へ ← 【8】 高征へ ← Wisteria Memory 目次 → 【9】 高征へ → 【9】 紫乃
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。