Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/14 サフラン 「歓喜」

拍手SS Index
月別一覧(11月)へ 作品別一覧(11月)

拍手SSの再掲です。

11/14 サフラン 「歓喜」
MIRAGE バークレイ三兄妹+ディック


「試験合格者を発表する!」

 実兄のその言葉に、場の空気が凍る。同時に、パミラの体も固まった。

(うう……絶対不合格だよ~……)

 ディックに不意をつかれ、結局負けてしまった。が、正式な騎士であるディックには負けても当たり前だということを、パミラは考えもしていない。この村にいる頃から知っているディックは、彼女にとってほぼ兄も同然だからだ。

「パミラ・バークレイ」
「は、はいっ」

 いつもは優しい兄の瞳は、試験官としてか厳しくパミラを見つめる。沈黙は僅かな間だけだったはずなのに、パミラにはその時間がとても長く感じられた。

「合格」
「え……?」
「返事は」
「は、はい! ありがとうございます!」

 慌てて返事をして頭を下げるパミラ。そんな彼女の姿に、ディックは喉の奥で笑う。

「あいつ、俺に負けたのにとか思ってんだろーな~」
「だろな。顔が歪んでるし」

 ディックとエイドのその想像が当たっていたことを知るのは、数分後の事。解散を告げられた途端、パミラがつかつかとやってきたのだ。

「何で!?」
「何で、って。合格。嬉しくねーの?」
「嬉しいわよ、嬉しいけど! だって私、負けたのに!」

 あのな、とランディルがため息をつく。エイドは苦笑し、ディックが説明する。

「仮にも俺ら、正騎士。しかも試験官。俺らが負けたら洒落にならないだろ」

 実際、他の合格者も試験官達が皆返り討ちにしていたのだ。パミラはイメージトレーニングに夢中だったから、他の候補者達の試合を見ていなかっただけで。

「じゃあ、ホントに……合格?」
「ああ、素直に喜べ。なっ」

 ディックが手を伸ばし、ポンポンとパミラの頭を撫でてやると。彼女は全身で喜びを表現した。

「や……っ、たぁー!!」

 目の前に立つディックに抱きつくことで。

「こらパミラ! いきなり抱きつくな!」
「だって嬉しいんだもん!」
「抱きつくなら兄貴達にしろよ!」
「ディックもお兄ちゃんみたいなものだからいーのー!」

 パミラの歓喜の叫び声は、自宅にいたレトとケイトにまで聞こえたらしい。


MIRAGE 目次

拍手SS Index
月別一覧(11月)へ 作品別一覧(11月)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。