Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/30 シーマンニア 「繁栄」

拍手SS Index
月別一覧(10月)へ 作品別一覧(10月)

拍手SSの再掲です。

10/30 シーマンニア 「繁栄」
暁のヨナ スウォン


「まだまだ、立て直すのには時間がかかりますね……」

 上がってきた各地の報告書を眺めながら、スウォンはひとりごちる。隣でケイシュクが、深々とため息をついた。

「何しろ、イル陛下が戦嫌いだったおかげで、土地も奪われ放題でしたからね」

 あの臆病王めが、と吐き捨てるケイシュクに、スウォンはただ苦笑した。

「繁栄とは……どのような事を言うのでしょうか」
「は? 言葉のままでしょう?」

 繁栄。富み栄える事、勢いが盛んになる事。言葉にするのは簡単だけれど、そこに辿り着くまでの道程は遥か彼方。

「その為には、不穏分子は消さなければならない。……決めました」
「はい?」
「この目で確かめに行きます。ケイシュクさん、あとはお願いしますね」

 事もなげにかたん、と椅子を引き、スタスタと執務室を出ていくスウォンに、「お待ちください!」とケイシュクが慌てた声で引き止める。

「何をお考えですか! 王が城を空けるなど!」
「地の部族の土地・阿波で不穏な動きがあるようですので」
「王自らが行かれなくとも、地の部族の土地ならば将軍にお任せすれば良いのです!」
「その将軍の上に立つのは王たる私です。……若造と舐められる前に手を打たなければ」

 スウォンはまだ若い。王として立つには若すぎることは自覚している。だからこそ、傀儡の王にと狙う輩も少なくはない。

(言いなりには、ならない)

 スウォンには目的がある。ヨナを、ハクを切り捨ててでも達成するべき目標が。
 それを自らの意志で成すまでは────。

「高華国の繁栄のために、ちょっと視察に行ってきます。あ、護衛にはジュド将軍に来て頂きましょう」
「将軍とてそんな長期出張はっ! スウォン陛下!」

 にっこりと、反論を許さぬ笑顔を見せて、スウォンは旅仕度をしようと私室に向かった。

暁のヨナ 目次

拍手SS Index
月別一覧(10月)へ 作品別一覧(10月)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。