Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/27 細葉百日草 「友への想い」

拍手SS Index
月別一覧(10月)へ 作品別一覧(10月)

拍手SSの再掲です。

10/27 細葉百日草 「友への想い」
少年陰陽師 晴明→岦斎


「まったく……何をやっておるのやら……」

 夢から覚め、晴明は苦笑した。夢殿で会った、懐かしい友人。もう二度と、言葉を交わすことなど出来ぬと思っていたけれど。

「まさか、冥官殿の手伝いとはな……」

 傲岸不遜な彼の方の手伝いは、さぞ大変だろう。あっちへ行けこっちへ行けと、きっとこき使われているに違いない。

「……元気そうだのぅ……」

 衣を被いていて、顔は見られなかった。声のみの再会だったけれど。その声はかつて聴いていた者と寸分違わずに、晴明の耳に届いた。

「意図して、……お前の夢を辿っているわけではないぞ、岦斎」

 道反での事は、岦斎が生まれた時にもう予言されていた事だった。それでも彼は予言に立ち向かい、未来を語った。
 語られた、彼にとっては叶わぬ夢。それは晴明には想像さえも有り得ないはずだった未来。

「だが……」

 いつの間にか、こんなにも長く、生きている。
 若菜と結婚し、子を二人もうけ。三人の孫と、4人の曾孫に囲まれ。……いずれは後継と定めた最後の孫にも子が出来よう。

「……そのまま見ていろ、岦斎」

 例えこれから何が起ころうとも。きっと自分は天命を迎える最後の最期まで、幸せに満ち溢れているだろう。
 その様を見せ付けてやる。悔しかったら、来世でかつての夢を叶えてみせろ。

「天命を迎えた時には……顔を見せろよ」

 土産話ならたくさんある。せいぜい自慢げに話してやろう。
 若菜が呆れ、苦笑を湛えても。岦斎がもういいと告げるまで話し続けて。

『あなたったら、またそんな……』
『勘弁してくれ、晴明』

 そんな囁き声が、聞こえたような気がした。


その他版権 目次

拍手SS Index
月別一覧(10月)へ 作品別一覧(10月)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。