Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/21 バンダ 「個性的」

拍手SS Index
月別一覧(10月)へ 作品別一覧(10月)

拍手SSの再掲です。

10/21 バンダ 「個性的」
黄昏色の詠使い ネイト×クルーエル


「キミは夜色名詠、申請はしないの?」
「クルーエルさんこそ、空白名詠、申請しないんですか?」

 五色の名詠しか存在しないはずだった世界。けれど、ネイトの母であるイブマリーが構築した夜色名詠や、始まりたる空白名詠は確かに存在する。白の亜種としての灰色名詠も。申請すれば、新たなる名詠式となるけれど……。

「出来ない、よね」
「……はい。カインツさんも虹色名詠、申請してませんしね」

 元々カインツの虹色名詠はイブマリーの為の名詠。なのに、それと対を成す夜色名詠を申請なんて出来るわけがない。

「……ずっと、ずっと先の未来で、いつか夜色名詠は、たくさんの人に詠われるかもしれないですけど」
「うん?」
「今はまだ、僕の個性でいいんじゃないかなと思うんです。だから」
「……そうだね。今更ネイトが、他の色を名詠するのも、何か変な感じだし」
「他の色に行くのは、夜色名詠をちゃんと自分のものにしてからにします」

 夜明け色の詠使い。その名に相応しい実力を、まずは手にしなければ。

「……何だかネイト、一人で大きくなっちゃうね」
「だって僕、クルーエルさんを守るって決めたから」

 早く大きくならないと。そう何気なく告げたネイトの瞳に、顔を真っ赤にしたクルーエルが映る。

「クルーエルさん? 顔、赤いですよ?」
「ゆ、夕焼けのせいじゃないっ!?」

 これでいたずら顔やしたり顔をされたなら、クルーエルとて「からかった?」と反撃しようもあるけれど。ネイトは幼さ故の純粋さから、想いを口にしたにすぎないだろう。

(この純粋さも、キミの個性、だよね)

 もうすぐ時は、黄昏に変わる────。


その他版権 目次

拍手SS Index
月別一覧(10月)へ 作品別一覧(10月)
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。