Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

執事様のお気に入り 昔と今と【前編】

執事様のお気に入り 目次へ  二次創作Index

※オリキャラ登場します。長いので二つに分けました。

かつての良が通っていた高校の文化祭。是非来てね! と言われた良は、伯王を誘い……。



「文化祭?」
「そう! 私が前通ってた学校の文化祭に来ない? って、籐子から手紙が来たの」

 夏祭りで再会して、それから手紙の交換をするようになった友達。

「籐子達はフォトスタジオやるんだって。超手抜き企画! って書いてあった」
「手抜き? 何でだ?」
「演劇部とか貸衣装屋さんから服を借りて、それをお客さんに着てもらって、デジカメで写真撮って、プリントアウトすれば終わりなんだって」
「なるほど、お手軽といえばお手軽だね」
「色んな衣装用意してあるから来てねー、って」

 みんな待ってるよ! と書いてあるその下に小さく、「彼氏さんも一緒にね!」と書いてあったから、伯王に籐子からの手紙は見せられないけれど。

「伯王も一緒にって書いてあったから、どうかなって思って」

 伯王は彼氏ではないと散々言っても籐子は全く耳を貸す様子がない。というよりも、伯王は「良の傍にいる人」と認識されてしまっていて、「それなら彼氏でも間違いじゃないでしょ」と押し切られてしまったから、もっぱら籐子の言う「彼氏さん」は伯王の事だ。
 ……そう認識してしまっている良も、籐子の考えに染まっている事に気付いていない。

「土曜日だったか? いいぞ、付き合う」
「ほんと!? やった!」
「嬉しそうだね? 氷村さん」
「はい!」
「俺達はその日、特別授業で行けないしなぁ」
「あ、あのね。楠さんと薫子さんも誘おうと思ってるんだー」

 薫子に籐子達の話をした時に、「いつかお会い出来るといいわね」と言っていたから。それが社交辞令だったとしても、いい機会だと思った、のだけれど。
 何だか伯王が、複雑そうな顔をしている。

「伯王? どうしたの?」
「……いや、何でもない」

 庵も隼斗もきょとんとしていたが、次の瞬間、にやにやと笑い始める。隼斗が伯王のそばに寄っていって、肩に腕を回し、良に背を向けた。

「隼斗さん?」
「そんなんじゃないっ!」

 良の不思議がる声と、伯王の大きな声が重なった。

「伯王? どうしたの?」
「……気にするな。それより、誘うなら早いほうがいいんじゃないのか? 今週末なんだから、予定が入るかも知れないし」
「あっ、そうだね! うん、ちょっと行ってくるー!」

 そう言って良は部屋を飛び出し、まずは薫子のいるクッキング部だと足を向けた。
 ちなみに、良が去った部屋の中では……。

「うーん、やっぱり氷村嬢には、思い立ったが吉日って言葉が当てはまるよな」
「あれは猪突猛進って言うんじゃないの?」
「お前ら……人の主人を何だと」

 という、庵と隼斗、そして伯王の会話があったりするのだった。





「おはよー! ……あれ?」

 寮で身支度を整え、薫子や真琴と一緒に伯王が待つ校門へと向かうと。伯王の隣にもう一人、別の姿があった。名前を呼ぼうとしたと瞬間、良の隣で驚きを交えた小さな呟き。

「征貴……?」
「真琴様」

 相変わらずの厳しい瞳で、征貴は真琴を見つめている。征貴を誘った覚えはないのだけれど、どうして彼がここにいるのだろう?

「すみません、楠さん。バレてしまいました」

 伯王が真琴に謝っている? 一体何がどうしてこうなったのか解らずにいると、真琴が伯王に向かって小さく首を横に振り、静かな瞳で征貴を見返す。

「行ってみたい、と……そう思ってはいけませんか?」
「本来であれば、お止めするところですね」
「けれど、私は」
「本来であれば、と申し上げたのです」
「え……」
「私も共に参ります。お許し頂けますか?」

 優しさの欠片も感じられない普段の口調とは、ほんの少し違う征貴の言葉に、真琴だけではなく、良も薫子も、意味を計りかねていた。

「仙堂、伝わらないぞ、そんな言葉じゃ」
「えっと、よーするに、仙堂くんも一緒に行けば、楠さんも行っていいって事だよね?」

 思いっきり簡潔に、良がまとめ上げると、真琴が驚いたように征貴を見上げた。

「征貴」
「宜しいですか?」
「……ありがとう」
「よっし、じゃあしゅっぱーつ! 早く行かないと回れる時間がなくなっちゃうよ!」



執事様のお気に入り 目次へ  →【後編】
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR