Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.日本の原発と色々な意見

東日本大震災と福島第一原発事故 目次


 私の個人的意見を交えた覚書です。この記事に対する苦情は一切受け付けません。
 愚痴等もありますので、ご不快になる可能性もあります。それでも宜しい方のみ、追記からどうぞ。

 2011年5月の日記のまとめです。

●福島原発と他県の原発

 5月に入ってから、福島原発では冷温停止に向けての作業が本格的に始まりました。原発建屋内に初めて作業員が入ったのもこの時です。およそ二ヶ月もの間、誰も原子炉内に入れなかったんですよね……。放射線量が高すぎて。冷却機能の回復は急ぐべき事ではあるけれど、その為に、いくらヨウ素剤を飲んでいたとしても、作業員の方々が被曝せざるを得ない現実が、辛かったです。
 他県の原発では、浜岡原発の停止要請が受諾され、夏の電力を東電に融通することが出来なくなったと発表されていました。一度停止要請を受諾し、本当に停止してしまったら、他の原発も停止・定検後の再稼働も認めない事態になるのでは……と危惧していましたが、その通りになっているようですね。2012年2月現在、日本で稼働している原発はたった3基だそうです。
 私自身は原発賛成派でも、反対派でもありません。反対したところで、電気のない生活を考えられるわけもありませんし、今現在でも被曝している現実を考えれば、賛成出来るはずもありません。ただ、現時点で、原発ほど効率よく電気を作るエネルギーがないことも事実です。火力・水力で補えるとは言え、それに代わるエネルギー源を探すのは大変だと思います。
 そして、この福島原発の事故があったせいか、他県の原発での小さなミスや事故も報道されるようになりました。
 関東圏では、原発関連の報道があまりされていない事を知ったのもこの頃です。福島では数は少ないとはいえほぼ毎日報道されていました。
 結局原発の事故も、福島県民以外には他人事でしかないのかと落胆したことを覚えています。とはいえ、このブログに来て下さって、かつてのトップ記事に対して頂いた拍手やコメントを考えると、他人事だと考えている人ばかりではないのかもと、救われた気持ちになったのも事実でした。


●色々な意見

 顔も見えないネット上だからなのか、酷い言葉が飛び交う毎日でした。「募金あげないよ?」や、「私達が募金したお金で今生きてられる事を福島県民は考えるべき」、「福島県民はお情けで生きている」という言葉がたくさんでした。
 そして、原発の状態を、国民の健康状態を、正式発表もされていないうちから予測を立て、その書き込みを「真実」と捉える方と「虚偽」と捉える方のやりとりもありました。一年が経とうとしている現在でさえ、その真偽は未だ定かではありません。私が福島に残っていることが正しいことなのか、本当は今だって不安です。
 現実を見なければいけない、それは解りますが、いたずらに不安を煽るような書き込みにショックを受けたのを覚えています。
 福島県内でも意見が分かれていました。会津の方は放射線量は低く、それなのに風評被害で物は売れず。同じ浜通りでも、相馬では放射線量が高く、いわき市では低く。中通りは何の補償も受けられないのに放射線量ばかり高く。浜通りであっても、原発立地地域の方々と、その他の地域では待遇も違います。
 原発立地地域の方々は、避難した後でも補償金を貰えます。当初は一人当たり30万と言う話もありましたが、今は一人10万円だそうです。けれど、その他の市町村は被害を被っただけで何の補償もされません。風評被害は根強く残り、少なからず実害も受けています。ごく微量とは言え、放射性物質も確実に取り込んでいるでしょうね。
 ですが、この図式を県単位で当て嵌めれば……他県の方々にしてみれば「福島ばかり優遇して」となるのも解るんです。
 声を上げることが悪いとは言いませんが、相手の立場になって考えてみて欲しいと思いました。

 5月下旬、今まで福島県民の怒りを真っ正面から受け止めて耐えて下さった清水社長が退任された事に対しても、色々な意見が飛び交いました。「責任も取らずに逃げるのか」、はたまた「責任を取る為に辞任するのか」と。
 東電自体の責任は重いと思っています。けれど、評価と責任は別物だとも思っています。原発に関わってきたのが、東電社長お一人であったなら、社長の退任は言語道断だったでしょう。けれど、東電には幹部も社員も大勢いて、誰もが「安全である」と疑いもしなかった。その事の方がよっぽど重大だと思いました。
 その他にも、都知事のインタビューもありましたね。地震・津波・原発、すべてに対して想定外であり、東電は不幸だとの発言でした。……もし原発が東京湾にあって、それが事故を起こしたとしたら、「想定外」なんて絶対に言わせないでしょう。「想定外」という言葉を免罪不可のように掲げて、「東京は悪くない」と声高に叫んでいるように聞こえました。「悪い」「悪くない」で言えば、東京は「悪くない」と思います。日本国民にとって、電気は当たり前にある物ですから。電気を使う事が「悪い」とは誰も言えません。
 ですが、東京という地域のトップにいる方に「想定外」と言われてしまったら……誰のせいで私達がこんな想いをしているのだと思ってしまったのも確かでした。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。