Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

明るき陽の光を【8】 死神を統べる者

雨の弓 目次  一次創作Index

『嫌味以外の何物でもないよな』


「説明は以上。何か質問は?」

 死神を統べる者の声に、声を上げる者は誰もいない。

「では解散。各自体調を整えておくように」

 試験の説明が終わり、死神を統べる者が会議室から姿を消すと、どこからともなく緊張を解く溜息があちこちから聞こえた。
 死神を統べる者は、死神を志す者にとっては威厳に満ちた雲の上のような存在だからだ。

「うう~……緊張してきた……」
「お前、昔っからプレッシャーに弱かったよなぁ」
「解ってるなら言わないでっ……!」

 肩を寄せ合い、歩きながら笑うレインとユミが、コーリの目には微笑ましく映る。

「あ」
「どうしたの?」
「マスターに渡そうと思って忘れてた。コーリ、頼める?」

 ユミに背を向けてレインから差し出されたのは、招待状だった。ユミの誕生日を祝うパーティーの。

「……自分で渡してきなさいよ」
「絶対くっついてくるだろ、ユミが。だから、頼むっ」

 少し、躊躇う。仮にも上司である死神を統べる者が、こんなバースデーパーティーに出席できるほど暇だとは思えないからだ。
 一日24時間の内、死神を統べる者が休める時間は殆どない。刈り取る対象の書類から、最期の願いを類推し、叶えられるであろう死神達に仕事を割り振っている。

「……無理だと思うけど?」
「渡してみなきゃ解らないだろ?」

 行くだけ行って来て、と拝むように片手を顔の前で立てる彼に、コーリはそっと溜息をついた。

「……解ったわよ。その代わり、私の部屋のお茶セット、洗っておいてよね」
「りょーかい」

 戯けたように敬礼の真似をするレインに明人を思い出し、少しだけ切なくなるのを押し隠して、コーリはくるりと踵を返した。

 死神を統べる者の部屋は、会議室がある階から2つ上にある。階段を上り、少し大きめの扉の前に立つ。
 一つ、大きく深呼吸をして。右手で拳を作り、扉を叩く。
 中から聞こえた「どうぞ」の声に、「コーリです、失礼します」と名乗って扉を開ける。
 机の上を占領するのは紙の山。その向こうにいるはずの、死神を統べる者の姿は全く見えない。
 回り込んで、紙の山に頭を突っ込むようにしている『彼』を見つけて、思わずコーリは笑ってしまった。

「……目薬でもお持ちしましょうか、マスター?」
「そう思うならこの仕事を変わってくれ」

 げんなりした声は、先程までの威厳など欠片もない。それもまたコーリの笑いを誘う。

「……何笑ってんだよ」
「いいえ? この分だとやっぱり、今夜はお忙しそうですね?」
「何かあるのか?」
「ユミの誕生日パーティーです。レインが企画してるんですけど」

 言いながら、手に持った封筒を差し出す。彼の手が伸びて、封筒を─────……。

「きゃっ!?」

 ぐっ、と封筒を持った腕ごと引かれて、コーリの体はぐらりと傾いだ。勢いは止まらず、そのまま死神を統べる者の体にぶつかる。

「ちょっ、マスター!?」
「……二人の時はその呼び方止めろって言っただろ、光梨」

 いつの間にか両腕に抱き締められていて、コーリを「光梨」と呼ぶその声が、すぐ近くで聞こえる。

「それとも、昔の名前の方が良いか?」

 なぁ、透子? と、躊躇なくかつての名前を甘く呼ばれて、コーリは囁かれた耳元を片手で塞いだ。

「だ、から……っ! その声で名前を呼ばないでって何度言わせれば気が済むのよ明人くんはっ!」
「明人じゃねーっつの。今はようだよ」
「先に透子って言ったのはマスターですっ!」
「……お前に言われると、嫌味以外の何物でもないよな、死神を統べる者マスターって」
「それを選んだのは明人くんでしょ!? 私は、てっきり転生したものと思ってたのに!」

 二代目の死神を統べる者・陽。かつて、笹野明人という名を持つ青年だった彼は、裁きの門をくぐらずに、初代死神を統べる者の後継者として教育を受けた。
 コーリがそれを知ったのは、明人と別れてから5年後の事。いつまで経っても現世に明人の魂が転生せず、魂の浄化に時間がかかっているのだろうかと不思議に思っていた時、初代の死神を統べる者の引退が告げられた。

 そして、後継者として現れたのが、あの日裁きの門をくぐったはずの明人だったのだ。



【7】へ ← 目次 → 【9】
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR