Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るき陽の光を【6】 止められない

雨の弓 目次  一次創作Index

『そんな、事……絶対させない!』



 明人が死神になる? その可能性を示唆する言葉に、コーリは彼の腕の中で目を見開いた。

「そんな、事……絶対させない!」

 突き放してしまうと、明人の体はどこか遠くへ飛んでいって彷徨ってしまうから、彼の腕を掴んで体を離した。
 コーリの願いは、どんな形であれ二人が……明人と泪花が生きていてくれる事。幸せになってくれる事。だから、……絶対に死神になんかさせない。

「明人くんは死神なんかになっちゃダメ!」

 いつか二人が幸せに暮らしている姿を見に行きたいが為に死神になったコーリは、この仕事がいかに辛いか解っているつもりだ。
 死神となってからの三年間、コーリは色んな魂に出会ってきた。望まぬ死を受け入れなければならなかった魂を、或いは望んで自ら命を捨てた魂を、何度この裁きの門に連れてきただろう。
 コーリが今まで出会ってきた魂でも、死神になる事を希望する者はいた。そんな時は死神を統べる者に判断を請えばいいだけだった。

 だけど、明人は……彼だけは、死神なんかにしてはいけない。

「……透子?」
「ダメだよ……。命を守るべき警察官が、奪う側の死神になんかなっちゃ……ダメ……!」

 お願いだから、と、か細くなりそうな声を必死に押し出した。

「明人くんは、転生して。今度こそ、幸せに生きて……!」
「透子、俺は」
「私を好きなら……! 好きだって、言ってくれるなら、死神になんか、ならないで……っ!」

 ああ、何て理不尽でわがままで、自分勝手で自惚れた願いだろう。
 こう言えば、明人の意志を曲げることが出来るかも知れない、なんて……。彼にとって『透子』は、それ程大きな存在ではないはずなのに。

「……透子」
「……見られたくないの……誰かの命を奪う私を」

 明人にだけは────否、明人と泪花にだけは、絶対に。
 それ以外に理由なんてなくて、……こんな言葉じゃきっと、明人を止める事は出来ない。
 コーリには、明人を止められない─────……。

「酷いな、透子。……俺の意志は、無視か?」
「解ってる。酷い事言ってるのは、解ってるよ……。でも、私は……」

 ダメだ。冷静な判断が出来ていない。コーリは自分の現状を把握すると、明人にくるりと背を向けた。

「透子?」
「……カノちゃんとミズキ先輩、呼んでくる。……ここにいてね?」
「透子!」
「私が反対した事だけは、覚えていて」

 今、ここで。明人から離れなければ……「死神になる」という明人を、コーリはきっと、迷わず死神を統べる者の元に連れて行ってしまう。
 死神となった彼と一緒に過ごせたら、コーリだって、どんなに幸せだろう。
 泪花と付き合ってはいなかった。彼は透子を好きだと言ってくれた。コーリが未だ体験したことのない『恋人』という関係を、今なら手に入れられる、けど。
 彼が死神になって、一緒に過ごしても、いつ死神を辞めて裁きの門をくぐってしまうか解らない。……置いて行かれてしまうかも知れないことが、怖かった。
 彼に転生して欲しいのも本当。自分ではない誰かと、幸せになって欲しいのも、本当。

「透子!」

 何度も、何度も……コーリを呼ぶ声が聞こえて、矛盾する気持ちから零れそうになる涙を必死に堪えて、コーリは明人を連れてきた二人の死神を探した。

 中庭でのんびりお茶をしていたカノとミズキ、フウマを見つけて、明人がまだ裁きの門をくぐっていない事、そしてコーリが彼の転生を望んでいる事を告げると、彼ら三人は「任せろ」と裁きの門へと向かってくれた。

 彼らに任せておけば大丈夫。あの三人は、とてもとても強い願いを持っているからこそ、死神として生き続けているから……。逆に言えば、それだけの強い願いがなければ、死神を続ける事は難しい。

『なぁ? 死神って、どうやったらなれるんだ?』

 あまりにも軽く聞こえた言葉。明人がそれを言葉にした時、どんな気持ちだったのかは解らないけれど、例えそれが本気だったとしても、コーリがそれを認められるわけがなかった。

 生きて幸せに笑う二人を見守る事────。それが、自分自身を死神たらしめる強い願いだったから。


【5】へ ← 目次 → 【7】
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。