Mirage

オリジナル・二次創作小説や、好きな本の感想を綴るブログです。

Entries

創作者に質問バトン

朱音さまからバトンを回して頂きました。
以下、回答です。


創作者に質問バトン

Q1.小説、漫画などの創作媒体は何ですか、またそれを選んだ理由はありますか。
 小説しか書けません! 漫画なんて以ての外です。
 昔から絵は苦手で、だけど自分で何かを作り出してみたくて、気が付いたら文章を書くようになりました。

Q2.バトンをまわしてくれた創作者とその作品の印象を教えてください。
 朱音さんです。
 朱音さんの小説は、一人称でとても読みやすくて、描写が解りやすいんです。どこかほっとする印象です。

Q3.得意なジャンルは何ですか、また苦手なジャンルは何ですか。
 得意なジャンルはシリアスなファンタジー系です。
 ギャグの才能がないので、ギャグ系は苦手で、あとはみんなでわいわい騒ぐような話も作れません。

Q5.創作中に設定の練り直しや、文章の推敲等は行いますか。
 はい、よくやります。
 基本行き当たりばったりなので、設定に行き詰まって練り直しは良くあります。あとから辻褄合わせるのが大変です。
 推敲も、何度もします。打ち間違いが多かったり、言い回しが違ったり、描写が納得いかなかったりするので。

Q6.Q5を答えた方でその際に修正に気がとられて創作が先に進まなくなることはありますか。
 これも良くあります。前述の通り、行き当たりばったりですので。

Q7.ジャンル、メディアを問わず、自分に大きな影響を与えていると思う作品はありますか。
 榎木洋子さんの「守龍ワールド」シリーズと、水落晴美さんの「夢界異邦人」、結城光流さんの「少年陰陽師」。それから漫画だと垣野内成美さんの「吸血姫」シリーズ。ゲームだとFFXですね、やっぱり。

Q8.スランプ等は経験したことがありますか、その原因は何だと思いますか。
 書きたくても書けない状態に陥る事は何度もあります。原因は、集中力が途切れていたり、ストレスだったりしますね。

Q9.自分が創作を行う際の目的や原動力はなんだと思いますか。
 目的は……自分が持っている言葉で、どんな表現をすれば自分と同じ世界が読んで下さる方々に伝わるか、だと思います。どういう言い回しをすれば相手に伝えられるのか、いつも苦労しているので。
 原動力は、書きたいという思いと、やっぱり感想などを頂くと嬉しくて「書くぞーっ」って気になりますね(笑)

Q10.作った作品は公開していますか、またその方法は何ですか。
 以前は投稿サイト様で、そして今はブログ・投稿サイトの両方で公開しています。

Q11.こういった作品は好きになれない、苦手だというようなものはありますか。
 オリジナルの作品で、一人称で、会話文のみ、というのは苦手です。二次創作なら作品自体を知ってるので気にならないんですけど。

Q12.あなたの作品を色にたとえると何色だと思いますか。
 限りなく白に近い桜色か、薄い藤色……? 単に私が好きな色なんですが(笑)

Q13.あなたの作品を風景にたとえるとどのような風景だと思いますか。
 真っ暗な家に一つだけ、ぽつんと灯りがついていて、ちょっとだけほっとする……。
 ような、そんな作品でありたいと願っています。 

Q14.自分的には良い出来だと思う作品、真剣に作った作品が、他人からは評価を受けなかった場合はありますか。
 あります。でもそういう時は、「自分は好きだから良いや~」と開き直っています(笑)

Q15.Q14とは逆に自分では失敗作だと思った、手を抜いていた作品が、他人から評価された場合はありますか。
 失敗作と思うものはそもそも公開しません(それほど数もないですし)が、二次創作だと、思いついた物を書き連ねているだけなので、「あれ?」と思う事はままあります。

Q16.自分の作品はどういった人に評価してほしいですか、またどのような人に見てもらいたいですか。
 読んで頂くだけで嬉しいです。
 ですが、あえて言うなら自分が傷付く痛みを、誰かを傷付ける痛みを知っている方に読んで頂きたいです。
 あ、朱音さんと被ってしまったかも(汗)

Q17.科学的な根拠や、現実性の追求等、リアリティにこだわりますか。
 元々ファンタジー系なので、あまりこだわりません。現代物を書く時は、それなりに重視しますが、それをやると大抵筆が進まなくなります(笑)

Q18.創作を始めたきっかけは何ですか、またそれはいつ頃ですか。
 きっかけは多分、自分の感情を持て余してた事だと思います。いじめられていて(今思うと全然大したことないんですが)、自分の言葉がすべて無意味に思えた時があって。それでも心に溜めていた言葉を書くようになったのが始まりです。想像を文字にし始めたのは確か、中学に入ってからだと思います。

Q19.ストーリーを前半、中半、後半に分けた場合、それぞれの場面でどういったことに注意しますか。
 注意はあまりしていません。ただ、前後の話が繋がるように、そしてキャラクターの成長が解るように書くよう努力はしています。
 なので、前半は愚かだったり、何も知らずにいたり。中半はその自分に気付いたり、何かを決意したり。後半はそれの総まとめ……みたいな感じです。

Q20.創作をしていてよかったことはありますか、また苦労したことや悩みはありますか。
 良かった事は、嬉しい反応を頂けた時。拍手ボタンが押されるだけでも本当に嬉しいです。
 苦労や悩みは……思うように書けない事、だと思います。

Q21.自分の作品に共通するようなテーマやキーワードはありますか。
 ほぼシリアス路線ですね。でもハッピーエンドが好きなので、何かしら救いがある話にしてしまいます。

Q22.自分の作品の気に入らないところ、改善したいところはありますか。
 四角四面な文体をどうにかしたい! でも、それをやめるとそもそも言いたい事が文章にならないんです……。

Q23.過去の創作で一番気に入っている作品は何ですか、またその作品のどのような点が気に入っていますか。
 桜涙ですね。初めてネット上に公開した作品ですし。
 竜城と朱里の、最初のすれ違い、そして誤解が解けた時の竜城の心情。私にしては珍しく書けたところだったので気に入ってます。

Q24.その作品のキャッチコピーを考えてみてください。
『彼女が命と引き替えに願う事は、ただ一つ』
 桜涙の説明文にもありますが、ただ一つの願いを叶える為だけに生きる、というのを書いてみたかったんです。

Q25.主要登場人物の年齢や性別に傾向はありますか、また作中の人物の男女比などを気にしますか。
 大体年齢は10代後半、性別はその作品で書きやすい方です。男女比などは半々ぐらい、のつもりです。

Q26.未完成で投げてしまった作品はありますか、またその作品を完成できなかったのはなぜだと思いますか。
 多々あります。でも、次はその作品を公開しようかと思っているので、現在鋭意執筆中です。
 書いた当時に書き上げられなかったのは偏に文章力のなさと(今もありませんが(汗))、設定の甘さですね。

Q27.その時の流行等を意識して作品を作りますか、またそういった作品に対してどういった考えを持っていますか。
 流行そのものに疎いので、特に意識はしていません。
 「こういうのが流行ってるのか」と感心はしますが、それだけです。

Q28.その時自分が熱中している物事の影響が作品に出やすいですか。
 出やすい方、だと思います。似たようなシーンを書いてしまったりするので。オリジナリティが全くないですね(笑)

Q29.自分の作品が販売されることになったとします、表紙等はどのようにしたいですか。
 表紙は絵ではなく、写真が良いです。その作品に合ったものを。人物が写っていても良いけれど、出来れば顔は解らない方が好きですね。後ろ姿とか、影とか。

Q30.登場人物を作る際、どのようにして人柄やイメージを作りますか、また人物で重要視することは何ですか。
 大体が台詞から入るので、こういう言葉を言うのならこんなキャラクター、と考えています。

Q31.自分は登場人物を殺す方だと思いますか。登場人物を殺すことに対してどのような考えを持っていますか。
 ファンタジー系はやはり殺すのが多くなりますね。ですがなるべく主要人物は死なせないようにしています。
 死んでしまったら、そこですべて終わりなので。生き残った人達に、罪悪感を残したくないんです。

Q32.暴力やグロテスクな表現、性描写に対してどのようなスタンスを持っていますか、また自分は使用しますか。
 必要なら使用すると思いますが、元々ケンカやホラーは好きじゃないので。

Q33.日常的(食事風景等)な描写に対してどのような価値観を持っていますか、また自分は使用しますか。
 ほのぼのさせたい時、何かしら重要な場面であれば使用します。

Q34.作品の評価ポイントはどこにあると思いますか、他人の作品を見る際はどのような点に注目して見ていますか。
 自分の作品はよく解りません。
 他サイト様の作品は、言葉の使い方や文章の書き方に注目して、その後に主人公に感情移入します。

Q35.意図的であるなしにかかわらず作中で多用する表現、台詞、描写などはありますか。
 あります。読み返すと同じ仕草を何度もしていたりします。でも書いている時は無意識です。

Q36.登場人物と自分とを切り離して考えていますか、性格や思考などが登場人物に出やすいことはありますか。
 切り離して考えてはいますけど、キャラクターの心情や経験は、やはり自分自身に被ります。

Q37.他の創作を行っている人に対して聞いてみたいことはありますか。
 ストーリーを作る時は、どこの場面から書き始めますか?

Q38.今後はどのように創作と関わっていきたいと思いますか、あなたにとって創作とは何ですか。
 ゆっくりマイペースで書いていけたらと思います。
 私にとっての創作は、自分を表現する世界、かもしれません。

Q39.おつきあいくださり有り難うございました。バトンを回したい方がいましたらあげてください。
 では、相互リンクして頂いている方々に。
 お暇な時にでもいかがでしょう? 回答したことがあるバトンでしたら申し訳ありません。お忙しければご無理はなさらず。

朱音さん、楽しいバトンをありがとうございました!
スポンサーサイト

Comment

お受け取り頂き、ありがとうございます!

琳架さん、こんばんは。バトンを受け取って下さってありがとうございます^^
私の文章はどこかほっとしますか!? いやぁ、琳架さんにそんな風に言って頂けると心が温かくなります(照)
Q29の自分の作品が販売されることに~の回答で、写真や人物が映っていても顔が隠れていたり影がいいと言うのは共感です! そしてすごく琳架さんらしい回答だなと思いました^^ どう言うところが? と聞かれると上手く言葉に出来ないので、聞かないで下さいね(笑)
では、この辺で失礼いたします~。
  • posted by 朱音
  • URL
  • 2010.10/28 18:52分
  • [Edit]

回して頂いてありがとうございました!

朱音さん、こんばんは!

面白そうだったので受け取らせて頂きました。でも、結構難しかったです(笑)
え、だって本当の事ですから。朱音さんの文章は本当にほっとします。
Q29の回答に共感して頂けるとは思いませんでした。
何となく、その人物とかを特定したくないと言うか……そんな感じなんです。私自身がイメージする人物像と、読み手の人物像ってやっぱり違うと思うんですよね~。
とか言いつつ、公に出版されている物は大抵絵から入るんですけど(笑)それで結構損してる作品もあるんだろうなぁと思います。

難しかったけれど楽しいバトンを回して下さって、ありがとうございました!

  • posted by 琳架
  • URL
  • 2010.10/28 22:33分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

琳架

Author:琳架

web拍手 by FC2

 ↑ 9/1変更 (全6種)
 桜涙・雨弓・明陽
 図書戦・LOVE SO LIFE・ヨナ
  ※携帯版が確認出来ないので、こちらに統合しました。

Twitter・SS専用アカウント→ @sakuraironoyoru

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

西暦をクリックして下さい。

カウンター

FC2ブログランキング

ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR